有村架純が主演の月9『いつ恋』第6話視聴率が2ケタ復活も「ウザい女」「感情移入できない」と視聴者から総スカン

いつ恋 6話

22日、有村架純&高良健吾主演の月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)第6話が放送され、視聴率が10.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。

初回11.6%でスタートし、第2話が9.6%、第3話が10.0%、第4話が8.9%、第5話が8.8%と推移し、2週連続1ケタだったが、第6話で2ケタに復活。

しかし、視聴率が上がったことに対し、ネット上では「嵐のおかげ」と指摘する人もいるようだ。

「現在NTTドコモ『dヒッツ』のCMソングに、嵐の新曲『復活LOVE』が起用されていますが、同曲の制作風景を追う新CMが、22日から1週間限定で放送されているんです。

その60秒バージョンが『いつ恋』放送時に流れたため、『嵐のおかげで視聴率が上がったのでは?』という声がネット上で見受けられます。

確かに、22日の『めざましテレビ』(フジテレビ系)などで、CMの情報をキャッチしたファンが、チャンネルをフジに合わせていた可能性はあると思います」(芸能ライター)

実際に、嵐の限定CM効果で視聴率が上がったかは不明だが、仮にもしそうであれば「棚からぼた餅」といったところ。

しかし視聴率に反して、ストーリー展開に対する視聴者の声は、なかなかに手厳しいようだ。

「『いつ恋』は第6話から、震災後となる5年後に舞台を移した新章に突入しました。

27歳になり、変わらず介護施設で働く音(有村架純)を、法律スレスレの悪徳派遣会社に勤める練(高良健吾)が冷たく突き放すという内容が展開され、ネットでは『悲惨すぎる』『これでもかというくらい、鬱要素をぶち込んでみましたって感じ』などの声が上がっています。

また、介護施設の御曹司・朝陽(西島秀俊)という彼氏がいながら、練に固執している音には『ウザい女』『イライラする』という声が噴出。

練にも、『まったく感情移入できない』という声が上がり、視聴者が荒れ気味のようです。

初回から、役者陣の演技力を絶賛する声は聞かれますが、ストーリー展開について行けず、脱落する視聴者も少なくないようですね」(同)

“鬱展開”に対する批判や、主人公に感情移入できないという嘆きの声が上がるなど、月9らしからぬ話題を振りまく『いつ恋』。

「逆に、予想を裏切るストーリーに魅了される視聴者もいる」(同)というが、この先クライマックスに向けてどんな展開が待ち受けているのか?視聴率とともに注目が集まりそうだ。

【引用元:サイゾーウーマン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について