桜金造、自殺も考えリハーサルしていた 左半身まひも元妻の介護受け懸命のリハビリ 『ノンストップ!』で激白!!

桜金造が『ノンストップ』で自殺考えた過去やリハビリ生活を桜金造が激白

2013年2月に脳内出血で緊急手術を受けたタレントの桜金造(58)が9日、フジテレビ系『ノンストップ』(月~金前9:50)にVTR出演。

左半身まひ状態となりながらも、リハビリに取り組む現状を語った。

桜は2月12日朝に自宅の浴室で突然倒れ、東京・三鷹の杏林大学病院に緊急搬送。
脳内出血のため、当日約3時間の緊急手術が行われた。

手術は成功したが、後遺症で左半身にまひが残り、要介護3に認定された。

体の自由を奪われた桜は、足手まといになってしまっているという絶望感から、早朝に駅のホームへ行き、電車へ投身自殺を考えたことを告白。

しかし、電車を間近に見て「いつでも死ねる。それならいま死ななくても」と開き直り、家族からのサポートもあり、生きる決意を固めたという。

そんな心境の変化を「無いものねだりではなく、あるもの探し」と説明した。

現在は杖を使って歩くことや、一人で着替えができるまでに回復。
周囲からかけられた「治らないけど、慣れるよ」という言葉を胸に、自分なりの方法でリハビリに取り組んでいる。

また、昨年から月に2回、お笑いライブへの出演をスタートさせた。
全盛期には日本武道館で8000人の前でコントを披露していたこともあったが、現在のライブの観客は30人ほど。

しかし、「一人でも見てくれる人がいるなら一生懸命にやります」と、人を笑わせるために舞台に立つことが、リハビリになっていると語った。

VTRを見たコメンテーターの博多大吉は、桜の芸人魂に「すごいですね」と圧倒されていた。

【引用元:ORICON STYLE】

■桜金造、自殺のリハーサルした 元妻の介護受け懸命のリハビリ

お笑いタレントの桜金造(58)が9日、フジテレビ系「ノンストップ!」(月-金曜、前9時50分)の取材に対して、左半身まひの身で舞台に立ち続ける現状を語りながら、自殺のリハーサルまでした苦悩の日々を明かした。

桜は2013年2月に自宅浴室で脳内出血のため倒れ、右側頭部血腫の除去手術を受けた。以来、左半身まひ状態に。

トイレなどすべてに介護が必要な要介護3に認定され、外出時は杖を欠かせず、自宅では介護用ベッドに寝ている。

 退院後のある日、踏切に立って通過列車のタイミングを測りながら「あれがいいかな。あ、死ねるんじゃん。じゃ、今日でなくてもいいや」などと考え、自殺を思いとどまったことがあるという。

「家の人にも言われましたよ。自殺はしないでくれ。後が大変だからって」

その「家の人」というのは、元妻の鶴子さん。
10数年前に離婚したが、その後も別れたわけではなく、桜が倒れると鶴子さんが介助のため同居するようになった。

その鶴子さんの支えで懸命なリハビリを続けた結果、桜は1人で着替えしたり、歩いたりもできるようになった。舞台にも立っている。

杖をついて立つ舞台では毎回新ネタを披露することを心掛けていて、「1人でも2人でも、見てくれるなら一生懸命やる」と、桜の芸人魂はまだ生きいきとしている。

【引用元:デイリースポーツ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について