榎並大二郎アナ“タイ観光大使就任”に松本人志「久しぶりに明るいニュース」フジテレビ“韓国推し”から“タイ推し”へくら替えか

フジテレビ榎並大二郎アナウンサー

16日放送『ワイドナショー』(フジテレビ系)にて、フジテレビの榎並大二郎アナウンサーが、観光庁長官から「タイVJ(ビジット・ジャパン)観光特使」に任命されたことを紹介。

松本人志は「フジにとっては、久しぶりに出た明るいニュース」と、番組に登場した榎並アナを褒め称えた。

「フジテレビの低迷が続いているのは、誰もが知るところ。そんな中で、今回の榎並アナの観光特使任命は明るいニュースといえます。タイでは今、日本ブームが起きているといわれていますからね。

逆に、日本でタイブームを起こすことができれば、視聴率回復の希望の光も見えてくるかもしれません」(芸能関係者)

一躍フジテレビの期待の星となった榎並アナだが、番組では声が小さいことをいじられ、松本をはじめとする出演者たちに「アナウンサーとして大丈夫か?」「縁故採用やろ?」と突っ込まれまくり。

「フジテレビに限ったことではありませんが、最近では女子アナウンサーだけでなく、男子アナウンサーに関しても、実力ではなくルックスや肩書で採用されるケースが多いのは事実。

榎並アナは9年目になりますが、アナウンサーとしての能力的には2~3年目程度と見る業界関係者もいますね」(同)

さらに、榎並アナには“おネエ”疑惑が浮上している。

レギュラーを務める『バイキング』でも、坂上忍から「筋肉ムッキムキだけど、内面は乙女」「女子力高い」といじられているが、タイは日本以上にニューハーフが市民権を得ている国だけに、ネット上では「フジはニューハーフ推しでいくのか?」「一時期の韓国推しから、今度はタイ推しにくら替えか?」などと揶揄する声も上がっている。

「あまりにも露骨な“タイ推し”をすれば、かつて高岡奏輔の“韓流ゴリ推し”Twitter批判をきっかけに、抗議デモにまで発展した事態が再び起こらないとも限らない。

“程度を知る”ということを、フジテレビが学んだかどうかが試されているともいえます」(同)

すっかり失ってしまった威厳を取り戻すためには、フジテレビとしてはわらにもすがりつきたい気持ちであることに間違いはないだろう。

果たして、“褐色の弾丸”という異名を持つ榎並アナは、フジテレビの救世主となれるのか!?

【引用元:日刊サイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について