橋本マナミと山岸舞彩に「ライバル関係」の過去/橋本マナミが猛追…壇蜜はグラビアの“辞めどき”選べるのか

橋本マナミ

チャイナドレスのスリットをたくし上げ、セクシーポーズ!31歳になったばかりの橋本マナミが絶好調だ。

18日は自身がCMキャラクターを務めるスマホ向けセキュリティーアプリ「360セキュリティ」の日本市場戦略発表会に出席。

台の上でポージングしながら360度くるくると回転し、胸元と太もも、そして背中に貼った企業ロゴのシールをアピールしたのだった。

すでにグラビアやバラエティーで引っ張りだこの彼女だが、コマーシャルの起用は2社目。

キリンの酎ハイに次いで、こうして外資系IT企業のCMをゲットしたのは、人気の高さの証しである。もっとも、売れ始めたのはごく最近の話。

13歳で美少女コンテストでの受賞を機に芸能界デビューするも、かれこれ17年以上も浮かばれなかった。

そんな売れない時代に“ライバル”だった人物がひとり――。先月末に電撃結婚を発表した山岸舞彩(28)だ。

「橋本マナミが以前の芸名『橋本愛実』と名乗ってた頃、そして山岸がNHKのスポーツキャスターとして脚光を浴びる前、2人はTBSの深夜番組『ビジネスクリック』のナビゲーターとしてほぼ同時期に起用されていました。

曜日担当ごとにキャスターが登場し、経済ニュースを読み上げる地味な番組ですが、この2人だけは、やけにミニスカートで登場するものだから、一部のマニアから支持されていた。互いに意識していたのは歴然です」(テレビ関係者)

その後、山岸は前述の通りNHKのスポーツキャスター→日テレ系「NEWSZERO」のキャスター、そして先ごろ財界御曹司と結婚した。

一方の橋本もいつの間にか「愛人」キャラでブレーク中である。そのせいかどうか、目下、業界ではこんな情報も飛び交っている。

「山岸の結婚を橋本は相当意識しています。現在は山岸に負けない玉の輿を物色中のはず」

前出のテレビ関係者が言う。
「なにしろ山岸の相手は創業家グループの総資産が6700億円超の御曹司で、山岸もこれ以上アクセク稼ぐ必要もないから芸能界を引退し専業主婦になるという。

一方の橋本といえば、これまで“俳優の元カレ”が山本耕史だと取り沙汰されたぐらいで羨望を浴びるような浮いた話はない。今後は目先を変えて婚活に精を出すとみられています」

この日の会見でも、異性からの誘いには「ガードがゆるゆる。押しに弱いので3回くらい押されたらいっちゃう。今はフリーなのでチャンスです」と、ちゃっかり(?)彼氏ナシの現状をアピールしていた。

ま、山岸の結婚に刺激を受けたのは、何も橋本ひとりじゃないだろうけどね。

■橋本マナミが猛追…壇蜜はグラビアの“辞めどき”選べるのか

18日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)で、グラビアの辞め時について「元を取ってから」と発言し、黒柳徹子(82)を驚かせたタレントの壇蜜(34)。

つまり「しばらく辞めるつもりはない」という意味のようだが、はたして自分で引き際を選べるかどうか。

壇蜜が築いた「エッチなお姉さん」枠は、いまやグラビアアイドルの橋本マナミ(31)が浸食中。

オジさん好きする容姿とGカップで、“国民的愛人”として人気上昇中だ。

夏のイベントにも引っ張りだこで、ある時はビキニ姿で宙吊り、またある時は胸元やスリットが大きく開いたチャイナドレス姿でセクシーポーズ。
一時の壇蜜にも匹敵するサービス精神を発揮している。

きわどい仕事もいとわず、体を張った働きっぷりで、雑誌のグラビアは月に平均5本、多いときは10本近くをこなす。

18日からは2社目のCM起用となった外資系IT企業のCMが放映開始されるなど着々と活躍の場を広げている。

一方の壇蜜は、グラビア掲載が月2、3本程度と全盛期と比べて減少傾向。

「フライデー」(8月14日号)では、フルヌードで草むらに寝ころぶショットを披露したが、あまり話題にならなかった。

最近、壇蜜が注目を集めた話題といえば、「平成27年度自衛官募集」CM出演や、書評番組「久米書店」(日本テレビ系) へのレギュラー出演。

同番組では久米宏(71)と36歳差のコンビを組み、読書家でインテリなイメージを印象づけているが、セクシー路線からは脱線気味だ。

「橋本マナミの持ち味は『男性に対してのセキュリティーがユルユル』『3回くらい押せば(口説かれれば)いっちゃう』なんて大胆発言で男の妄想をかき立てる、ガードがゆるいイメージのエロトークです。

大手事務所のフィットワンに移籍して“エロ封印”が噂される壇蜜より、きわどい案件でも引き受けてくれる橋本のほうが、イベント主催者も使いやすいのかもしれません」(芸能記者談)

壇蜜の“グラビア引退計画”は、予定通り進むのか。

【引用元:日刊ゲンダイ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について