江角マキコが『バイキング』に出演も舞台裏ではトラブル発生!?東京居残り出演になったワケとは!?

江角マキコ

「CM打ち切り」「タレント生命の危機」「引退」──今、江角マキコ(47才)を巡って、そんなニュースが飛び交っている。

発端は江角によるママ友いじめ告白。江角と敵対していたのは誰?との声が高まるなか、8月28日発売の『週刊文春』が、江角が当時のマネジャーを使って、長嶋一茂(48才)の豪邸の門や壁に「バカ息子」などと落書きしたことが写真つきで伝えられた。

これまで歯に衣着せぬはっきりした物言いで共感を集めてきた江角だが、いまだ騒動について彼女自身の説明は一切ない。

そんななか、9月2日、江角がレギュラー出演している『バイキング』(フジテレビ系)の生放送を迎えた。

この日はEXILEのツアー初日となる大阪・京セラドームからの出張放送となった。

しかし江角は、観客もいない東京のスタジオに小籔千豊(40才)とともに残る形に。

その舞台裏は放送開始直前までかなりのドタバタ劇が繰り広げられたという。

「出張放送は前々から決まっていたんですが、“落書き事件”の報道を受けて、まずは江角さん自身が、騒動について何かしらの説明をするかしないかの会議があったそうです。

でも長嶋さん側が“大事にしたくない”という意向ですから騒動には触れないということが決定しました。

とはいえ生放送ですから、江角さんの出演シーンが長くなると、その場の流れで想定外の発言があるとも限らない。

だから江角さんには東京に残ってもらおうとなったんですが、当初彼女は“絶対イヤだ”と譲らなかったようです。仲間外れになるし不自然ですからね。

本人も“逃げた形になるから、私も大阪へ行く!”って首を縦にふらなかったそうです」(テレビ局関係者)

困った番組側の打開策が、江角とともに東京に残った小籔だったという。

「小籔さんは毎週火曜は東京で『ノンストップ!』の生放送があるので、今回の出張放送は欠席する予定だったんですが急きょ出演となりました。

小籔さんと一緒であれば、“ひとりだけ東京に残された”というイメージも弱くなりますから。

小籔さんの出演で江角さんはようやく東京に残ることに納得したそうです」(前出・テレビ局関係者)

出張放送がメインだったため、江角の生放送出演シーンはたった数分。もちろん、彼女が騒動について語ることはなかった。

そんな彼女に代わって、島根県の実家に住む母が、庭先で声を荒らげながら、娘の気持ちを語ってくれた。

「(落書きは)やってませんよ。そういうことは当たり前のことですよね!あの娘は、良い、悪いはわきまえてますから。でしょ?だからもう、教唆とかは一切ないです」

【引用元:NEWSポストセブン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について