江角マキコと長嶋一茂・仁子夫妻の騒動で、作家の林真理子や超大物弁護士も参入!?衝撃の騒動の舞台裏とは!?

江角マキコと長嶋一茂

長嶋一茂宅への落書きが暴露されるなど、芸能メディアによる総バッシングといった様相を見せていた江角マキコの“ママ友いじめ”問題。

だがここにきてその状況が変化しつつあるらしい。

ママ友の江角批判を最初に掲載した「女性セブン」(小学館)10月2日号が一転、「江角マキコ号泣!そして復讐を誓った「魔女狩り教室」全内幕」と題して、江角に対するママ友側の卑劣な仕打ちを詳細に掲載したのだ。

今後は、他メディアも江角バッシングから擁護へとトーンを変えていくのでは、との見方がメディア界で急速に広まっている。

まず、要因のひとつとして囁かれているのがある大物作家の存在だ。

NHK『花子とアン』絡みでも話題になった作家の林真理子がさまざまなメディアに、江角擁護を働きかけているのだという。

「林さんは特別、江角さんと親しいわけではないようですが、自分の子どもを同じように小学校から青山学院の付属に通わせていた関係で、様々な情報も入ってくるようです。

また、江角がいじめられた背景には、青学では両親の出身地が地方だと露骨な差別があるということがあるらしいんですが、同じように地方出身の林さんとしては身につまされた部分もあったのかもしれません。

自分と関係のあるメディアに『江角さんが可哀想』『酷いことをされているのは江角さんの方』と盛んに訴えているようなのです」(文芸関係者)

林はまず、長年、連載コラムをもっている「週刊文春」(文藝春秋)に働きかけたらしいが、「文春」は江角のマネージャーが江角との関係がこじれた長嶋一茂宅へ“バカ息子”などの落書きをした一件を報道するなど、江角叩きの急先鋒だったため、一蹴されたという。

そこで、小学館の「週刊ポスト」「女性セブン」へ働きかけた結果、「セブン」が林の意向を汲んで前述のような江角擁護とも取れる記事を掲載したのではないか、といわれている。

「そもそも林は青学絡みのことに関しては、どうしても口を挟みたい、一枚噛みたいという思いもあるようです」(前同)

今年4月、「週刊新潮」(新潮社)5月1日号が楽天ナンバー2の國重惇史副会長のW不倫を報道した際も、國重の子どもが青学付属に通っていたことから、「登校できなくなった」「かわいそう」などと盛んに訴えていたという。

しかし、実は今回の状況の変化には、この林以上に大きな影響力を与えている存在がある。

それは、江角に大物弁護士の矢田次男氏がついたことだ。

「江角は最近になって矢田弁護士に、メディア対応などを依頼したらしい。

矢田といえば、バーニングやジャニーズなど芸能界の大手事務所の顧問弁護士として知られた大物弁護士。

今後、江角批判の記事に対する訴訟の恐れもありますが、それ以上に矢田が江角の代理人になったということは、江角騒動に対して芸能界の“ドン”であるバーニングが仲裁や手打ちに動いているのではないか。

記者たちの間ではそんな噂がとびかってヘタに江角批判ができなくなっている状況です」(週刊誌記者)

芸能界の最大勢力・バーニングが乗り出してきたことで、マスコミがビビって記事のトーンを変える。

いつも繰り返される光景だが、それが江角騒動にも巻き起こっているということらしい。

それにしても、芸能マスコミの節操のなさのはつくづくあきれかえる。

ついこの間まで、独立した江角を快く思っていない大手芸能プロ・研音にくっついて江角叩きに走っていたのに、もっと強大な権力が江角のバックについたら、手のひらを返す。

芸能マスコミなんてエラソーに記事を書いていても、結局のところ、パワーゲームの中で強い者をみきわめてそこにコバンザメのようにくっついているだけなのだ。

もっとも、だからといって、今度は江角と対立している長嶋一茂の妻のグループに刃が向けられるか、というと、その事態も考えにくい。

実はこちらにも、大物弁護士がついているからだ。

「文春が名前を出すまで他の芸能メディアは一茂の名前を一切報道しなかった。それは、長嶋側の顧問弁護士が数々の名誉毀損事件を手がける大物弁護士・弘中惇一郎氏だからです。

マスコミは弘中氏に訴えれるのが怖くて今も直撃することや一茂のことをクローズアップするのは控えているし、一茂の妻が何をしたかについては一切書いていない」(前同)

まさに「前門の虎、後門の狼」状態。

このままいくと、芸能マスコミはどちらにもさわれなくなって、騒ぎはフェードアウトしていくというのが筆者の予想なのだが、さて結果はいかに?

【引用元:リテラ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について