清原和博容疑者の恋人はハーフ女子大生の銀座ホステス/暴力団をつなげた人物『報道ステーション』で元刑事が証言! 元プロボクサーの渡辺二郎か

清原和博逮捕

【薬物逮捕でアウト!番長の転落と闇(2)】「番長」の恋人はハーフ女子大生の銀座ホステスだった――。覚醒剤取締法違反(所持)容疑での逮捕が衝撃を与えた元プロ野球スター選手の清原和博容疑者(48)は、都内マンションの自室に1人でいたところを捜査員に踏み込まれた。2日夜にあったこの逮捕劇の裏で、同容疑者が逮捕時まで交際していた女性の存在が注目されている。捜査当局が「2人は一緒にいる」とみていた“謎の美女”の正体とは――。

 衝撃の逮捕から一夜明けた3日、家宅捜索で押収された注射器やガラスパイプについて、清原容疑者は「覚醒剤をやる時に使っていたものです」と供述し、使用も認めているという。警視庁は尿鑑定の結果を待って、使用容疑でも立件する方針だ。

 警視庁によると、2日夜に家宅捜索に入った際、清原容疑者は1人で、注射器とストローを1本ずつ左手に持っていた。テーブルの上には袋に入った覚醒剤があった。清原容疑者は覚醒剤の摂取方法についても「腕に注射したり、ガラスパイプであぶって吸ったりしていた」と供述。「誰かと一緒に使ったり、譲り渡したりするためのものではない」とも話し、入手先も明かそうとしないという。

 逮捕時、清原容疑者が自宅から連行される様子を撮影していたTBSの映像には、女性捜査員の姿が映り込んでいた。清原容疑者が一人暮らしをしていたマンションを“急襲”するのに女性捜査員がいたのには訳があった。

「ある女性と清原容疑者はほぼ同棲状態だったからです。捜査当局はその女性がいる場合を想定して、身体検査などをすることもあり得るので女性捜査員を派遣していたとみられます。また、踏み込む直前まで女性がいたという情報もあります」(事情通)

 昨年の6月、9月と2度にわたって逮捕情報が流れたにもかかわらず結局は薬物を断てなかった清原容疑者だけに、注目されるのがこの“同棲相手”女性だ。その素性が本紙の調べで判明した。

「銀座の高級クラブに勤める、清原より二回りも年下のハーフ美女。都内の大学に通いながらホステスをしているA子さんですよ。しかも、清原が逮捕された2日に、A子さんは無断欠勤したのです。清原が逮捕されたころ、連絡が取れなかった。逮捕直前まで一緒にいたみたいです。その後、連絡がついた人によると『(清原の逮捕に)泣きじゃくっていた』そうです」(クラブ関係者)

 2人を知る芸能関係者はこうも証言する。

「客とホステスの関係ではなく、真剣交際。清原がプロポーズしたという噂も流れてましたよ。その噂の直後の逮捕だけに、A子さんのショックは計り知れませんよ」

 清原容疑者と銀座の女性といえば、元妻のモデル・清原亜希(46)との離婚(2014年9月発表)以前から噂された年上のクラブママがいた。

「離婚後もしばらくはママと交際していたようですが、薬物疑惑で仕事がなくなり、後援者もいなくなり、急激に金回りが悪くなったことで、ママの方が関係を清算したのです。清原は懲りずに別の銀座のクラブの40代前半のママを口説いてましたがフラれ、去年2月には、また別の店のホステスが住むマンションに出入りしているところを週刊誌に撮られました」(銀座関係者)

 その後、大手芸能プロが後ろ盾になったことで、昨年4月ごろから、テレビに出演し始め、仕事も再び軌道に乗って、元プロ野球選手のタレントとして復活した。A子さんと出会ったのはそのころだったという。

「他のクラブが清原を“出禁”にするなか、出入りができたあるクラブに通いだした。係はチーママでしたが、ヘルプについたのがA子さんだったのです。清原と噂になるホステスはほとんどが、40歳前後だったため、若い女子大生のA子さんには興味がないと思っていたら、いつの間にか同伴出勤までするようになったんです」とは別の銀座関係者だ。

 女子大生のA子さんにとってホステスはアルバイトのため、毎日店に出勤するわけではないが、店に出られる日はほとんど清原と同伴していたという。

「プライベートで交際が始まってから、清原の自宅マンション近くに引っ越し“通い同棲”しているようでした」(前出の2人を知る関係者)

 多くの覚醒剤事件では女性がキーパーソンになるともいわれるだけに、今回の事件でもA子さんの存在が重要なカギを握っていそうだ。

【引用元:東スポWeb】

■清原和博容疑者と暴力団をつなげた人物『報道ステーション』で元刑事が証言! 元プロボクサーの渡辺二郎か

4日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、清原和博容疑者と暴力団関係者が知り合うきっかけとなった人物に関する証言が放送された。

番組では冒頭から、元プロ野球選手の清原和博容疑者が覚せい剤を所持していた容疑で逮捕された事件を特集した。

その中で、関西地方で暴力団担当だった元刑事が顔を伏せてインタビューに応じた模様が放送された。この元刑事は清原容疑者の交友関係を知っているという。

今のところ、清原容疑者は覚せい剤の入手先を供述していないが、元刑事によると彼の周囲には暴力団関係者の姿があったそうだ

その清原容疑者と暴力団をつなげた人物について、元刑事は「元プロボクサーで世界チャンピオンとった人」「この人からの紹介で、(清原容疑者は)暴力団員の紹介を受けた」と証言していた。元刑事によると、清原容疑者は「その人らといつも大阪にいるときは行動を共にして飲みに行ってた」とのことだ。

VTR明け、コメンテーターで憲法学者の木村草太氏は、依存症からぬけ出すことの困難さを指摘した。古舘伊知郎氏はこの指摘に同意しつつ、「ひとりで覚せい剤から抜けるってことが大変なのは前提ですけど、それ以上に仲間から抜けていくことが非常に難しい」といい、ダルクなどの専門的な施設の増加が必要だと訴えていた。

【引用元:ライブドアニュース】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について