清原和博容疑者の“自殺警戒” 激しい落ち込みも…壮絶な依存から薬切れ

清原和博逮捕

その精神状態が危ぶまれている。覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された清原和博容疑者(48)に対する警視庁の取り調べは、2日の逮捕からすでに半月を過ぎた。

覚醒剤が切れ、自らが置かれた立場に気づいたのか、時折ひどく落ち込み、涙を流すこともあるという。

昨年には週刊誌上で自殺を考えたこともあったと告白している清原容疑者。専門家も「いまの状態は非常に危ない」とみている。

 捜査が進むにつれ、清原容疑者の壮絶な薬物依存ぶりも明らかになってきた。

 清原容疑者は取り調べに対し、「1月31日夜に覚醒剤約0・2グラムを4万円で買った」と供述。入手先は明らかにしていないが、相手は譲渡の疑いで逮捕された密売人、小林和之容疑者(45)とみられている。

 警視庁が東京・東麻布の清原容疑者宅を家宅捜索したのは2日夜。その際、使いかけとみられる覚醒剤約0・047グラムを押収していた。関係者によると、覚醒剤の使用量は1回当たり約0・03グラム。購入してからの2日間でなくなっていた約0・15グラムは単純計算で5回分にも相当する。

 そこまでクスリ漬けに陥った背景には孤独な日々があったようだ。昨年1月、清原容疑者は「アサヒ芸能」誌上で、2014年3月の「週刊文春」による薬物疑惑報道以降の生活ぶりを吐露。報道をきっかけに妻子が家を出ていき、離婚したことについて「生きる力を失った(中略)自決しようと思った」とまで激白している。

 とはいえ、すべては自らが招いたこと。いまは鉄格子の向こうで激しく後悔しているという。関係者は、あまりの憔悴ぶりに24時間、目が離せない状態だと話す。

 ヒガノクリニック(東京)の院長で精神科医の日向野春総氏は「過去、同じように覚醒剤で捕まった容疑者が、留置場内で自殺したことがある。清原容疑者に関しても、取り調べにあたる刑事らは相当神経質になっているはずだ」として、続ける。

 「これまでは死にたいという気持ちを覚醒剤でごまかしていた。手に入らないいまは、過去に経験がないほど落ち込み、何も考えられない状態になっているはずだ。自殺で考えられるケースは飛び降りのような短絡反応。首をつるために道具を用意するような発想はなく、衝動的な行動で死を選ぶ恐れがある」

 しかし、本当に気をつけなければならないのは、保釈された後だ。清原容疑者は警察署内で身柄を確保されている現在よりも、世間の厳しい視線にさらされることになる。

 「社会に対するざんげを感じている場合は、多くの人が行き交う歩道橋などから身を投げる恐れがある。保釈後は病院に直行させ、ある程度世の中から隔離しないと危険だ。よく話を聞いてくれる医師のもと、強い安定剤を投与されるなどの処置が必要だろう」(日向野氏)

 本物の地獄が、これから待ち受けている。

【引用元:ZAKZAK(夕刊フジ) 】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について