清原和博 有罪判決後の「逆風の更生ロード」肉声を独占入手! 外出ができない現在の様子は?

清原和博

清原和博被告に有罪判決が下され、一連の騒動に終止符が打たれた。しかし、ファンが望んだ会見はついに開かれずじまい。

世間とは距離を置きつつも再生を目指す番長は今、何を思っているのか──。
本人の肉声を独占入手した。

「外出ができないので趣味だった酒、女、クスリ、全てを禁じられてしまった。今は新たな趣味の開拓に取り組んでいます。

スマートフォンゲームを紹介されたんですが、もともと機械に疎く、スマホも昨年の秋に持ち始めたばかりだからなじめなかった。

結局、自宅で支援者が差し入れたDVDをずっと見ています。お気に入りなのは海外ドラマ『24』です。時間を忘れて見続けていますよ」

 5月31日、覚醒剤取締法違反で罪に問われた清原和博被告(48)に懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決が下された。

閉廷後には傍聴席に向け「このたびは申し訳ありませんでした」と謝罪し、頭を下げたものの、その後は保釈、公判時同様、支援者の車に乗り込み、メディアの前から姿をくらませた。

 現在は、友人の支援者I氏が所有している都内の高級マンションの一室で隠棲生活を送っている。
冒頭の発言はI氏の友人が語った清原の現在の様子である。

 ところで、清原の友人だというI氏とは何者か。

「2人の出会いは10年前。Iが経営する六本木のサパークラブ『N』に清原が客として訪れたことがきっかけです。

Iは野球には疎いのですが、地下格闘家として活動していて格闘技という共通の話題で意気投合したんです。

清原より年は6つ下ですが、『キヨさん』と呼ぶほどフランクな関係を築き、今では清原の一番の親友です」(飲食店関係者)

「N」では、清原が頻繁に訪れるたび、複数の女性と戯れる姿が目撃されてきた。

「いつも女の子を6、7人連れてたね。清原は女性の脚に関心が強く、『ブスでも脚がきれいならええ』と豪語するほど。

酔うと脚やケツをなで回すから、女の子たちからは嫌がられてたけど、帰り際に『タクシー代だ!』って1万円ずつ渡すことで番長キャラを取り繕ってた。

従業員にも毎年正月にお年玉として1万円渡してたってね。ポチ袋にはきれいな字で『清原和博』と署名してあって、渡す際に『この前は酔っ払ってすまん』と言いながら渡してたっていうから、口止め料のつもりだったのかな(笑)」(「N」の常連客)

 徐々に2人は蜜月の関係を構築していった。結果、清原が仕事に窮するようになると、I氏が後見人のような立場も兼ねるようになる。

昨秋、清原は芸能界を経由して球界に復帰しようと計画していたが、足がかりとして選んだブログでの情報発信もI氏が裏で手を回していたという。

「ブログの運営元と清原を取り持ったのがIでした。自分もブログを開設していて、アクセス数や広告のクリックに応じてお金が入るシステムを熟知していた。

清原さんは月100万円ほど稼いでいて、その収入で生計を立てていました。野球しか知らない清原さんにとって、Iは人生のフィクサーです」(前出・I氏の友人)

 この友人によると、清原は逮捕後、I氏に対し「力を貸してくれ」と頭を下げたという。

地裁や病院へ清原を送迎し、入院した病院に張り込んでいたマスコミへ焼き肉弁当を差し入れたのもI氏だった。

■清原和博 有罪判決後の「逆風の更生ロード」肉声を独占入手!(2)元夫人から清原を託された

「今はIを含め、ごく少数の支援者としか会っていないって。もともと友人が多いほうではなかったけど、弁護士から薬物と決別するために携帯の番号を変更させられた。

そのため、半ば窓口になっているIを知らない人間は連絡が取れなくなっちゃった。

釈放後、連絡を取った球界の人間は、情状証人の佐々木のほかには西武時代の後輩・垣内、巨人時代の舎弟・小田だけだってね」(「N」の常連客)

 かつて清原は現役時代の背番号をもじった携帯の番号を所有していたという。

番号変更に際し、周囲に、

「この番号高かったのにな‥‥。売ったら高くなるんちゃうか? どっかで売れへんかな?」

 と自虐気味に語っていたという。まるで金欠ぶりを吐露しているかのようだ。

「頻繁に『子供に会いたいなぁ‥‥』とこぼしています。ですが、会うことは難しそうです。元妻の亜希さんは、離婚前に何度か清原と『N』に来たことがあり、Iとも面識があった。

清原逮捕後、2人は電話で話しているんですが、亜希さんは『私はもう手伝うことができませんが、清原をよろしくお願いします』とIに告げたと聞いています。

今は毎日、支援者らが差し入れた食事をIらと一緒に食べていて、肉体的には問題ないんですが、『夜には気分が落ちるようで、なるべく一緒にいてやらないと』と、Iがこぼしていた。

高級クラブホステスのハーフ美女と交際中ですが、会うことはままならず、心の癒やしは彼女との電話くらいのようです」(I氏の友人)

 現役時代とはかけ離れた寂しい日々──。ヒマを持て余す一方、前述のDVD鑑賞以外にも日課があるという。

「スポーツ新聞や週刊誌のチェックを行っています。自分の記事が掲載されたものをIらに買ってきてもらって、片っ端から読んでいるようです」(前出・I氏の友人)

 となれば気になるのは、今回の騒動で一躍、“メディアの寵児”となった野村貴仁氏(47)に対する感情だ。

週刊アサヒ芸能で野村氏は、同僚であった巨人時代から清原のために覚醒剤を調達していたと語ってきた。

対する清原は、覚醒剤の使用に関して「08年の現役引退後から」と法廷で証言し、主張が食い違っているのだ。

さらには覚醒剤を仕様した性行為に興じる痴態に至るまで、野村氏は独占激白してきた。先の友人が渋い顔で続ける。

「清原も野村の発言には目を通しているようです。記事は無言で読むことが多いのに、野村に関しては『あいつとはいつか話さんとな‥‥』と、ぼやいているといいます」

 野村氏は週刊アサヒ芸能5月26日号にて、「清原が受けるならな」と、清原との対談を検討する旨を表明した。

喧嘩別れから早10年、暗部に居続けた2人が相まみえる可能性が急浮上してきたのである。

■清原和博 有罪判決後の「逆風の更生ロード」肉声を独占入手!(3)球界からは壮絶な拒否反応

 判決が下されたことで、清原の今後の人生にも具体的な計画が浮上してきた。

「1~2カ月後に故郷である岸和田に戻って、大阪の治療機関で更生に取り組むようです。悪化した糖尿病の治療も兼ねています」(地元関係者)

 だが、再生ロードには逆風が吹き荒れている。
清原事件の薬物ルートを知る、ヤクザ組織の幹部が厳しい口調で断罪する。

「清原は間違いなくまたシャブをやるな。一緒に捕まった売人の小林(和之被告)の上には100人以上の顧客を持ってる大物がいて、今も車中生活で逃げながらシャブを売り歩いてるよ。

清原には常に警察が目を光らせていて、“報復”の心配もないのだから、本当にシャブ断ちする覚悟なら、清原は彼らのことをしゃべって、こいつらも捕まっているはずだろ。

ということはクスリを売ってくれるルートを潰したくない思いが透けて見えるよな」

 球界の反応も、総じて拒否の姿勢が強まっている。現役生活に終止符を打ったオリックスからは球団内から「永久出禁」との声まで出ているほどだ。

「そればかりか、今後、メディアから『清原復帰プラン』が持ちかけられることまで想定して、清原が球場に入るためのパス発行の断固拒否まで打ち出すほどです。

一部の擁護派でさえ『最低でも向こう3年は出入りさせない』と甘くない。その姿勢はやはり古巣の巨人も同じです」(球界関係者)

 情状証人の佐々木氏は「野球に携わっている清原が見たい」と、公判後に胸中を話し、清原自身もいまだ球界への思いが強いようだが、情勢は厳しい。
I氏が描く“未来予想図”とも差が生じているようだ。

「Iは『江夏さんがあれだけ時間をかけても阪神の臨時コーチにしかなれなかったんだから、キヨさんには難しい』と漏らしています。

Iは昨年、自分も糖尿病で50キロ以上痩せていて、健康面の不安が大きい。

だから『早く自分で食っていけるまでにしてやらないと』と焦っています。

今はマスコミからのオファーを検討しつつ、飲食店経営の道筋をつけてあげるのが現実的でしょう」(I氏の友人)

 一方、頼みの綱とも言えるメディアサイドでは、水面下ながら激しい争奪戦が繰り広げられていた。

「複数のテレビ局が出演オファーをしているのは事実です。中でも有力なのが、先日ベッキーが復帰した『金スマ』(TBS系)です。

昨年、番組内でお遍路にも挑戦しており、視聴率も高かった。ギャラ払いもよく、前回は300万円ほどだったが、今回はそれ以上。

ただし、テレビ局、清原サイド双方が世間の許しが得られるかどうか、を気にしています」(キー局関係者)

 時が過ぎれば肉声の価値も下落する。考えあぐねた結果、試金石として、あるメディアに登場するという。

「清原が交渉に応じたのは以前から懇意にしている写真誌のインタビューだったそうです。一説には、判決前にすでにインタビューを収録しているとも。清原の言い分をまるごと掲載する、という契約だと聞きました。もちろん、暴力団との関わりについても言及しないようです」(出版関係者)

 どうせなら全てをさらけ出して告白してほしい。逆風を振り払うためにも、我々は野村氏との対談ページを空けて復帰を待ちたい。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について