甲子園“出禁”のTBSさらなる失態 清宮の父からも取材拒否/甲子園でTBSがルール違反! 前代未聞の重い処分が下された理由とは?

清宮幸太郎と父親の克幸

第97回全国高校野球選手権大会での取材ルール違反を理由に全面取材禁止を通達されたTBSが、なんと早実(西東京)の怪物・清宮幸太郎内野手(1年)の父・克幸氏(48)からも、別の関係者による失態を巡って同様の“取材拒否”を言い渡されていたことが分かった。

盛り上がる今大会からはじき出された上に、今後の怪物フィーバーにも乗り遅れ確実となった同局。

高校野球を巡る“ダブルショック”に、局内は大混乱だという――。

球場外での「著しい取材要項違反」があったとして、大会本部から17日に事実上の“甲子園追放処分”を通告されたTBS。

実はそれ以前に、別の関係者による“失態”により、清宮の父・克幸氏の怒りを買ってしまっていたことが判明した。

問題が発覚したのは、今年4月の春季東京都大会が開催中のことだったという。事情を知る在京キー局関係者が明かす。

「TBSさんはドラフト特番を抱えていますし、家族を含めた密着ドキュメンタリーを売りとしています。清宮君は1年生ですが、注目度はナンバーワン。

今後の関係も考えて担当者が父の克幸さんにあいさつすると、その場で『申し訳ないが、TBSさんの取材は今後一切お断りしたい』と、名指しで取材を拒否されてしまったというんです」

現在は息子・幸太郎の陰に隠れた存在の克幸氏だが、もともとラグビー界では知らぬ者はいない超有名人。

現在は日本代表FBの五郎丸歩(29)らを擁するトップリーグ・ヤマハ発動機ジュビロの監督を務めている。

実は克幸氏がTBSに不信感を持ったのも、もとはラグビー関連取材が発端だったという。

本紙の直撃にTBSの上層部が、渋々ながら問題の経緯を明かした。

「実は昨年、ウチのあるディレクターが“ヤマハ発動機ジュビロの清宮監督”として、克幸さんに密着するドキュメンタリー取材を進めていたらしいんです。

ところが取材を終え、年が明けても一向に番組は放映されなかった。その理由を告げられないまま、同じ局から息子の取材を申し込まれれば、克幸さんが困惑するのも当然。

実はこの事実を当時、スポーツ局の人間はまったく知らされていなかったようで…」

克幸氏のドキュメンタリー取材を担当した人物は、その後に同氏の映像を“放置”した事実を周囲に告げずに他部署へ異動。

後の調査で、放映予定だったBSドキュメンタリー番組が打ち切りとなったため、人知れず“お蔵入り”していた事実が明らかになった。

身内の“失態”を把握した担当者が慌てて克幸氏に謝罪するも、後の祭り。
高校を通じた本人取材は許可されているが、現在も父親取材はNGという。

そんなところに、今回の“甲子園出禁”だ。
「TBSは清宮ファミリーの取材を許されないどころか、予定していたオコエ(関東第一)や山本ジュニア(武白志=九州国際大付)ら、目玉選手の家族密着特集も白紙になったとか。

地方大会から追いかけていた現場担当者にとっては、完全なとばっちり。TBSの野球担当者は熱心な子も多いだけに、彼らが関係各所に頭を下げ続ける姿を見ると、さすがに同情してしまいます」(冒頭のキー局関係者)

実際に現場で矢面に立つTBS関係者は、足を引っ張った身内への怒りをにじませつつ、覚悟を決めた表情でこう語る。

「現場が把握していなかったこととはいえ、甲子園取材の件も克幸さんの件も、今は誠意を込めて謝り続けるしかない。

私たちの野球取材にかける熱意が、いつかは相手に届くと思って臨んでいくしかありません」

19日の準決勝で早実は仙台育英に敗れたが、甲子園取材に限らず、今後も注目が続くことが予想される怪物取材でも大打撃を負っていたTBS。

両者との関係修復に奔走する関係者の努力が実を結ぶ日は来るのか。

【引用元:東スポWeb】

■甲子園でTBSがルール違反!前代未聞の重い処分が下された理由とは?

早実の清宮幸太郎を筆頭に、関東第一のオコエ瑠偉といったスター選手が活躍し、夏の甲子園が白熱している。

マスコミのフィーバーにも拍車がかかるなか、TBSが取材ルールに抵触し、全員分の取材証を返却させられたことも話題になっている。

「取材証を持っていない『あさチャン!』のカメラマンが、取材禁止区域でインタビューをしていた。

取材要項では取材証の常時着用を求めており、球場周辺の取材も原則として禁止している。

当該カメラマンは大会本部役員から注意を受けた際、『個人的に撮影したものだ』と虚偽の説明をして、その後も禁止区域で取材を続けていた」(スポーツ紙記者)

テレビ制作会社のスタッフが驚いた様子でこう語る。

「TBSといえば毎日新聞の系列で、その毎日新聞は春のセンバツを主催しています。

高野連にも理事を送り込んでいるし、それほど甲子園との関係が深いのに、まさか系列のTBSにこんな重い処分を下すとは思いもよりませんでした。来年の取材もできないなんて最大級の処分ですよね」

春と夏の甲子園は高野連と共に、センバツ大会を毎日新聞が、夏の選手権大会を朝日新聞が主催している。

それも社内に高校野球専門の部署を持ち、実質的な運営を担っているのだ。

その範囲は入場券の手配から警察や消防、自治体との交渉まで実に多岐にわたっているのである。

それが影響したかどうかは不明だが、昨夏に朝日新聞の記者が自分の記者証を知人に貸したという不祥事では、その記者証のみを没収するという軽い処置で済んでいた。

この時はその知人がスマホで選手を撮影しており、悪質度は今回のTBSに劣らず高かったはず。

なぜこんな違いが生まれたのか。テレビ誌のライターはその理由をこう推測する。

「実はTBSと毎日新聞ってさほど仲が良くないんです。しかも毎日新聞はTBS株を大量に売却しており、今や大株主ですらありません。

それくらい関係の薄い両社なので、毎日新聞にしてみれば不祥事を起こしたTBSを擁護する気もないんでしょうね」

あくまで想像だが、取材ルール違反を犯したのがTBSではなく毎日新聞の記者だったら、当該記者の記者証没収だけで済んでいたのかもしれない。

結局のところ組織同士の関係性がものを言うということは、甲子園でも一緒ということなのだろう。

【引用元:アサ芸プラス】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について