石坂浩二の『なんでも鑑定団』降板騒動! 業界最大手・尾木プロが仕掛ける“テレ東への報復”/”リストラ騒動”の舞台裏

石坂浩二 鑑定団

22年間レギュラーMCとして出演した『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)を、3月いっぱいで降板すると報じられている石坂浩二。局側は番組刷新を理由としているようだが、1月26日発売の「女性自身」(光文社)は、石坂と番組制作陣の知られざる確執をスクープしていた。収録現場での発言を編集時にほぼカットするという、まるでイジメのような仕打ちを約2年間も続けてきたと報じており、いまや世間からもテレ東に対して懐疑的な目が向けられているが……。

 同誌によると、石坂は島田紳助が番組を降板したあたりから、意図的に発言シーンをカットされるようになったそうだ。そのきっかけは、番組制作のA氏が責任者になったことで、同氏は石坂を降板に追い込むべく、こうした編集を繰り返してきたのだという。

「さらに同誌発売後、スポーツ各紙はこぞって石坂とテレ東の確執を報道。昨年9月には、テレ東や制作会社幹部らから、石坂に対し正式な降板通告が行われたものの、その際に石坂はギャラを減らしてでも続投したいと、話し合いは物別れに終わってしまったそうです」(テレビ局関係者)

 こうしたテレ東側の仕打ちについて、キー局の番組プロデューサーは首を傾げる。

「石坂側にどれだけ降板に足る理由があるのかはわかりませんが、制作側が嫌がらせのような編集を行うなんて話は、聞いたことがありません。局からすれば『お金を払って出ていただいている』というのが正確なところで、相手がデビューしたての若手ならまだしも、昨年から業界最大手・プロダクション尾木に所属する石坂相手にこの仕打ちとは、正直理解不能です」

 異常すぎるテレ東の手口だが、「もしかしたら石坂が大きな問題を起こしたため、番組から外したいという編成サイドの意向を汲み取り、制作が独断で嫌がらせしているという可能性もなくはありませんが……。いずれにせよ、普通の局や制作会社の感覚であれば、事態が世間に公になる前に対策を取るはずです」(同)。

 また、各報道に対して石坂の事務所は「コメントは差し控える」などと静観の姿勢だが、現在の状況こそが石坂の“復讐”ではないかとの見方も。

「テレ東は意図的な編集について完全に否定していますが、スポーツ各紙とも『発言シーンをカットされた』ことを断定的に書き並べている。局サイドが否定したにもかかわらず、これだけ『発言カット』を大きく書き連ねるということは、一連の情報元は石坂の事務所である可能性が高い。世間に『テレ東はおかしい』という空気を蔓延させることが、石坂サイドによる報復なのかもしれませんね」(芸能記者)

 石坂の後任は、すでに福澤朗アナウンサーに内定しているとの報道も出ている。最後の出演回、果たして石坂の発言はどれだけオンエアされるのか?

【引用元:日刊サイゾー】

■番組責任者と確執?「なんでも鑑定団」石坂浩二”リストラ騒動”の舞台裏

テレビ東京の看板番組「開運!なんでも鑑定団」において、出演者の俳優・石坂浩二(74)への扱いのヒドさを複数メディアが報じ、視聴者の怒りが沸騰している。石坂は放送開始の1994年4月から21年以上、「鑑定団」のレギュラーであり、いわずと知れた功労者だ。
■知恵袋・石坂浩二が喋らなくなった謎

 石坂は現在、2代目司会者の今田耕司(49)とともに司会を務め、鑑定団の中では“知恵袋”としてウンチクを話す立場にある。しかし初代司会者・島田紳助(59)が降板後、2011年9月以降の放送では、石坂が話すシーンや画面に映るシーンが極端に減ってきた。視聴者も当然のように石坂の“異変”に気づき、ネット上でも話題になっていた。

「石坂が“喋らない”理由は番組責任者の意向で、編集の段階で石坂のトークを意識的にカットしているようです。収録中、たくさん喋っているにも関わらず、実際の放送では違和感があるほどカットされているとの声も報じられてます」(民放関係者)

 加えて、2015年9月、「視聴率の低下と番組刷新」を理由に、石坂は降板通告されていたことも明らかになった。石坂がこれを受け入れず、現在も出演を続けているが、3月いっぱいで降板するとみられている。なお、石坂と同様、21年以上出演を続けるアシスタント・吉田真由子(42)の降板予定は今のところない。

「鑑定団」は、2015年11月、放送1000回を達成した。先に放送1000回を超えた同局の「出没!アド街ック天国」の例を見ると、愛川欽也(享年80)は体調不良の影響で、亡くなる約1か月前、ちょうど1000回で勇退した。

 しかし石坂の降板劇の裏には、番組責任者との確執が噂されている。

 視聴者からも報道に対し、番組側へ失望の声が相次いでいる。

「公共の電波を使った陰湿なイジメ」
「テレ東ガッカリ。ゆるい雰囲気が好きなのに意外とブラックだった」
「兵ちゃん(石坂の愛称)が出ないなら、もう見ない」

 落語家の立川談四楼(64)は、「鑑定団」の石坂を「ギャラ泥棒」「ボタンを押す係」と高座で揶揄していたことを明かし、自身のツイッターで「すまないと思う」謝罪している。

 談四楼と同様の見方をしていた視聴者も少なくないだろう。「Youは何しに日本へ?」をはじめ、低予算で面白い番組を作るのがお家芸ともいえるテレビ東京。その特徴から、「石坂のギャラが高すぎるから降板か」との憶測も。

 もしも番組責任者の行動が報道通り身勝手なものであったのなら、石坂の降板により、貴重な長寿番組を潰すことにもなりかねない。

【引用元:デイリーニュースオンライン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について