羽生結弦を襲った号泣事件…ステージママと連盟の間に修復不能な確執/3年前のカナダ留学の裏であった“号泣事件”

羽生結弦

昨年2月のソチ五輪で日本人男子初の金メダルを獲得した羽生結弦。

だが、ここ半年ほどは病気やケガに泣かされることが多く、本来の力を発揮できているとは言い難い。

そんな羽生をさらに悩ませているのが、以前から囁かれてきた母・由美さんとスケート連盟の確執である。

7月21日発売の『週刊女性』はこの問題に焦点を当て、羽生復活の障壁となりうる連盟の態度に疑念を呈している。

記事はまず、3年前の「号泣事件」について触れている。
これは2012年の夏、カナダ留学を直前に控えたまだ17歳の羽生少年が、10歳のときから師事してきた阿部奈々美コーチを前に大粒の涙を流しながら「仙台から離れたくない」と訴えたのだという。

この事件の背景には、母・由美さんと連盟の間にできた修復不能な亀裂があった。

「当時の連盟が圧倒的に重きをおいていたのは高橋大輔と浅田真央の2大スターでした。“超ステージママ”といわれる羽生の母親としてはそれが面白くない。

『うちのコをないがしろにされている』と、連盟に反発を強めていった。そして、なかば強引に羽生のカナダ行きを決めてしまったんです。

週刊女性の記事は連盟のみに非があるかのような立場で書かれてますが、実際は連盟と母親との間に生じた感情的な溝という“大人の事情”に振り回された結果の涙だった。

息子に何かと強権を発揮したがる母親にも問題があると見ている記者は多いですよ」(大手スポーツ紙記者)

こうした“強すぎる母親”イメージが定着したおかげで、ネットでは「羽生マザコン説」なども流れている。

が、実際のところどうなのだろうか?

「たしかに、10代の頃の羽生はそう思われても仕方のない面もあったと思います。母親に携帯電話所持を禁じられると素直に従うなど、言いなりに見えることも多かった。

しかし、20代になってからは、羽生自身、そんな強すぎる母親に困惑している、というのが実態に近いのではないでしょか」

怪我をしてもイベント参加を強要するような連盟の態度にも問題があるのは事実だろうが、子離れできない親が息子の飛躍の障壁にならないことを祈るばかりだ。

【引用元:デイリーニュースオンライン】

■羽生結弦、3年前のカナダ留学の裏であった“号泣事件”

いよいよ、世界王者の羽生結弦が’15 ―’16 シーズンに向けて始動する。

「羽生クンは例年どおり、7月はアイスショーに参加。それ以外は、主に地元の『アイスリンク仙台』で深夜に練習しています。

前シリーズでの傷もかなり癒え、今月下旬にはカナダ・トロントに向かう予定です」(スポーツ紙記者)

今季もまた、羽生らしい強気でいながら華麗な演技が見られそう。

「8月6日には現地でマスコミとの懇親会が予定されています。久しぶりにじっくりと羽生語録が聞けそうです。

昨季から“絶対王者”への思いが強いだけに、新技の4回転ループへのこだわりだけでなく、公開練習でベールを脱ぐ可能性も」(民放スポーツ局デスク)

ただただ待ち遠しいばかりだが、3年前の’12 年夏、羽生には苦い思い出が。

カナダへの旅立ちを前にして、10歳のころから師事していた阿部奈々美コーチの前で大粒の涙を流しながら、「仙台から離れたくない」と訴えたというのだ。

「地元では“号泣事件”として有名です。ゆづクンはカナダのブライアン・オーサーコーチのもとへ留学することを、自分の口で直接、阿部コーチに伝えたんです。

突然、“僕は行きたくないんです”と言って泣き崩れる教え子を前に、彼女も言葉を失うほど驚いていました。見ているこちらも悲しくなってしまうほどの別れの瞬間でした」(地元のフィギュア関係者)

本来ならば、連盟などが中に入って、選手とコーチの調整をしなくてはいけないはず。それをなぜ、まだ17歳だった羽生が不本意な決断を、信頼を寄せるコーチに自らの口で伝えねばならなかったのか?

‘11 ―’12 シーズンといえば、羽生が全日本選手権(3位)のフリーで髙橋大輔を抑えてトップとなり、初めて世界選手権の切符をつかんだとき。世界の舞台で羽ばたき始めたばかり。

「ゆづクンの両親とスケート連盟との“溝”がいちばんの原因でしょう。当時の連盟の強化部門は(髙橋)大輔クンと(浅田)真央ちゃんに重きを置いて、羽生サイドから見ればないがしろだった。

ぜんそくの持病があるゆづクンのケアにも消極的で、羽生ママが自費で同行。現地での大会チケットさえ手配していないありさまでした。

ANAと所属契約できたのも、オーサーの下で飛躍した’12 ―’13 シーズン後で、連盟のスポンサー探しにも疑問が残る。

そのうえ、東日本大震災で拠点のリンクが閉鎖。息子の将来を心配した両親が元連盟関係者に相談し、カナダ留学を決めたんです」(スポーツライター)

ただ羽生にしてみれば、やるせない思いが募り、地元の反応もシビアであった。

「彼にとっては被災した仙台を離れるということがいちばんの心残りだったでしょう。地元にとっても大きなショック。

特に、羽生の母校であり、地元スケート連盟の役員もいる東北高校サイドは、しっかりバックアップしてきたという自負もあり、猛反発したものでした」(前出の地元関係者)

震災後、専属リンクを失った羽生は、アイスショーに60回も出演し、練習不足を解消したほど。

震災の影響で思うように練習ができないことを“大義名分”に、羽生サイドはなかば強引に、羽生本人にカナダ留学をさせざるをえなかったようだ。

「当時は“世界的なコーチの下で技術を磨くべき”、いやいや“本人の意思が大切”など、賛否両論が。

連盟の強化部門がちゃんとイニシアチブをとっていれば、阿部コーチや地元との亀裂は生まれなかったはずですよ」(前出のデスク)

■羽生結弦の地元リンク閉鎖危機、社長「経営は楽ではない」

‘12年夏、東日本大震災で拠点のリンクが閉鎖したことでカナダ留学することになった羽生結弦。

しかし本人は「仙台を離れたくない」と訴え、号泣。その際に阿部コーチや地元と亀裂が生まれてしまったという。

その後、阿部コーチとのわだかまりは解消されたというが、地元の羽生への応援意識は“微妙”になってしまった。

「ソチ五輪のとき、金メダル候補でありながらパブリックビューイングが、母校の東北高校でしか行われなかった。

それも、“どこも企画しないので仕方なく”という感じでした。優勝後の凱旋パレードこそ盛大でしたが、ゆづクンも複雑な思いがあったと思いますよ」(地元紙記者)

その世界王者に輝いたときさえも、羽生サイドと連盟サイドは冷戦を続けていた。

「オリンピックの表彰式、ご両親はどこにいたと思いますか?一般席から大型スクリーンで見ていたんですよ。

連盟が用意したチケットは家族チケットではなく一般チケットでした。ご両親の涙は、はたしてうれし涙だったのか……」(前出・スポーツ紙記者)

ただ、羽生の表彰式後の言葉は、多くの海外メディアが絶賛したものだ。

「金メダリストになれたからこそ、これをスタートとして復興のためにできることがあるんじゃないかと、今は思っています」

ソチ五輪のエキシビションでは、地元・仙台への思いも。

「今回の結果は、カナダでやってきたことの集大成かもしれないが、その前の10数年間を過ごした仙台への思いもなくさないようにしなければいけない」

‘14 年3月、羽生結弦が仙台市に優勝を報告に訪れると、2000人近い女性ファンが黄色い歓声で出迎えた羽生も報奨金を被災地に寄付することを明言。現在も復興支援に積極的だ。

ただ、復興こそ、少しずつ進んではいるものの、地元・仙台のフィギュアの環境は再び、ピンチを迎えていた。

「ゆづクンの思いが、どうも仙台の関係者にも連盟にも伝わってないような気がします。地元の仙台から荒川静香に続き、金メダリストに輝きながら、フィギュアの環境は一向に好転しないんです。再び、リンクが経営のピンチを迎えているという話も流れている」(前出の地元紙記者)

羽生が実家に戻ると訪れるのは、彼が4歳から通った『アイスリンク仙台』。
現在、東北地方で唯一の24時間、通年滑走が可能なリンクだが、’04 年には経営不振から閉鎖に追い込まれている。

「’06 年にトリノ五輪で金メダルに輝いた荒川が、仙台のスケート事情の惨状を訴えたんです。

すると、再開に必要な改修費1億6000万円を宮城県と仙台市、民間会社がおよそ3分の1ずつ負担。その翌年3月から、再開されました」(前出の地元紙記者)

心配されるリンクの現状について、現在アイスリンクを経営する加藤商会・加藤松彦社長が答える。

「リンクが閉鎖されるということはないですよ。もし、そういう噂があるとしたら、耐震構造の問題などで建物のリニューアル検討の話が、誤って伝わってしまったのかもしれませんね。

でも、経営は楽ではない。経費節減で、何とか黒字を保っています。今度、岩手に通年で使えるリンクが県営でできるそうですが、仙台の子どもたちが通える距離ではない。

もし、うちが閉鎖となれば、東北高校のスケート部も活動できなくなるだけに、これからも経営を続けていきたいと思っていますよ」

この夏も姿を見せていた羽生結弦。原点であるリンクへの思いは人一倍であろう。

「その問題だって、連盟が積極的に打開策を練るべきことでしょう。ゆづクンだけでなく、世界選手権2大会連続銅メダルの本田武史や荒川静香など、世界に通用する選手を輩出してきたリンクですよ。

“絶対王者”を目指す現役の羽生を心おきなく戦わせてあげてほしいですよね。常に、選手にとってベストの環境を整えてほしい。

’12 年の留学問題だって同じですよ。両親やコーチ、関係者の間に連盟が入り、最優先策を練ってくれていれば……。17歳の羽生が号泣することもなかったと思います」(前出のライター)

【引用元:週刊女性】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について