芳根京子が主演のTBSドラマ『表参道高校合唱部!』初回視聴率発表! 合唱大好き女子高生が「歌の力」で奇跡を起こす

芳根京子

NHK連続テレビ小説「花子とアン」に出演していた女優の芳根京子さんが主演を務める連続ドラマ「表参道高校合唱部!」(TBS系)の初回が17日、15分拡大版で放送され、平均視聴率は6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

「表参道高校合唱部!」は、両親の離婚話を機に上京してきた合唱大好きの女子高生・香川真琴(芳根さん)が、「歌の力」で転校先の学校にミラクルを起こす青春ストーリー。

芳根さんは今回がドラマ初主演で、合唱部顧問の音楽教師・鈴木有明を城田優さん、合唱部副顧問で真琴の担任・瀬山えみりを神田沙也加さんが演じ、生徒役で志尊淳さん、吉本実憂さん、森川葵さん、堀井新太さん、高杉真宙さん、萩原みのりさん、泉澤祐希さんが出演。

劇中では定番の合唱曲に加え、懐メロや最近のヒットソングもアレンジされて登場し、キャストによる美声も楽しめる。

第1話は、東京の表参道高校に転校してきた香川真琴が期待に胸をふくらませ、かつて「合唱の楽しさ」を教えてくれた教師・鈴木有明が顧問を務める合唱部の門をたたく。

だが、鈴木はキャバクラ通いとギャンブルが趣味という絵に描いたようなダメ人間になっており、合唱部自体も部員が集まらず廃部寸前。

“ある目的”を持った真琴は合唱部の立て直しを決意する……というストーリーだった。ドラマは毎週金曜午後10時放送。

【引用元:まんたんウェブ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について