芸人を食いものにするオンナたち!! お笑い界にはびこるハニートラップ事情とは!?

ホンマでっか!? TV

19日に放送された『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)の中で、MCを務める明石家さんま(59)が、昨年の冬に報じられた写真週刊誌による女性との密会スクープについて、「久々メール」がきっかけだったと明かした。

「オレね、ハニートラップにかかったんです」と切り出したさんまは、相手女性から「久々に会いたいんだけど」とメールを受け、「ずっとオレのこと思ってたんや」と舞い上がった結果、写真誌に記事が掲載されたと告白。

さんまは当時、くりぃむしちゅーの有田哲平にそのことを話すと、「それ絶対ダメですよ。絶対ウソです」と指摘されたとぼやいていた。

しかし有田が素早い警戒心を見せるほど、芸人界にはハニートラップなるものがはびこっているのだろうか。

「売れている中堅芸人はターゲットにされやすく、知らない人物からのメールなど、しょっちゅう入ると聞きます。

中にはかなり巧妙なものもあって、プライベートでしか行ったことのない飲食店の名前を上げ、『数年前、その店でご一緒させていただきました○○です』といった丁寧な文面で始まり、『今度ぜひ食事でも』と誘ってくるものもあるようです。

ただ、芸人サイドもそうしたメールには慣れっこで、スキャンダルに発展するのは稀です。さんまさんの場合は、良くも悪くも彼のサービス精神が作用したのでしょう。

とはいえ、近頃では知名度の低い若手も、この手のメールに敏感になっており、叩かれるのを恐れてか、女性関係には気をつけている節があります。

スキャンダルもお構いなしに遊ぶのが芸人という気もしますから、少し寂しいですね。

あれだけの大物にもなって立て続けにスクープされるさんまさんを見習ってほしいものです(笑)」(お笑い関係者)

芸人にとって週刊誌に激写されるのは人気の証ともいえる。

知名度の低い若手芸人が女性と食事をしても誰も興味はないだろう。

やはりハニートラップに狙われるのは、それだけの売れっ子に限られる。

「ここ数年でもっとも劇的なハニートラップに引っかかったのは、週刊誌に浮気相手の証言とともにホテルの中で全裸になっている姿と、編集部での土下座写真が掲載されたカンニング竹山さんでしょう。

2009年のことでしたが、当時の彼は”キレ芸”でブレイクしてから一段落し、安定した人気を獲得していました。

2007年には結婚もしており、公私ともに順風満帆だったころでしょう。そんな彼を襲ったのが巧妙なハニートラップでした。

竹山さんは、この浮気の真相について2009年11月に行ったライブ『放送禁止Vol.2』でネタにしており、浮気相手の女性を調べていくと、そもそも週刊誌にリークすることが目的で言い寄ってきたことを突き止めたと明かしています。

さらに竹山さんは知り合いの雑誌記者とともに調べを続けると、その浮気相手にハニートラップを指示した人物が発覚。

しかし、追求するほどにこの人物からは怪しい噂が出てきたそうです。

中には、この人物が、ある大物タレントのスキャンダルをリークした張本人ではといったものまであり、竹山さんとすれば太刀打ちできない相手と思ったようです。

もちろん、『そんな人物が、なぜオレを!?』といった疑問は拭えないままですが、それ以上は踏み込めなかったのでしょう。

竹山さんは、その人物を週刊誌業界と芸能界を渡り歩いて金を稼いでいると推測していましたが、過激なスクープになればまとまった金額が動くので、当たらずとも遠からずといったところでは」(前出)

芸人たちを誘惑し、スキャンダルを金に変える女性たちの存在。

しかし、芸人に言い寄ってくる目的は女性によってさまざまだという。

「その芸人のファンで、お笑い大好きという子がほとんどですが、中には、とにかくセックスが目的の女性もいます。

単に芸人と体の関係を持ちたいと考えているようで、芸人の間で、ちょっとした有名人になっている女性もいます。

また、交友関係を広げたいだけなのか、芸人とのコンパを何度となく繰り返す女性は多いですし、ある女性などはコンパを主催することだけが目的で、飲み会が始まるのを見届けると、さっさと帰ってしまうそうです」(前出)

有名芸人となれば多くの女性たちが声をかけてくるだろう。

しかし、初対面でその女性たちがどんな目的を持っているのかを見極めるのは難しい。だからといって常に尻込んでいたら何も起こらない。

芸人に求められるのは、どんな結果を招こうとも、それを笑いに変える力だろう。

スキャンダルこそ、芸人の実力を示すチャンスなのかもしれない。

【引用元:メンズサイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について