蒼井優 ドラマ打ち上げで酒、たばこ、そして…魔性全開の夜

喫煙疑惑浮上の蒼井優

女優の蒼井優(29)が先ごろ行われた出演ドラマ「Dr.倫太郎」(日本テレビ系)の打ち上げで、大いに乱れたという。

1次会はおとなしかったが、女性の数が減った2次会では飲んで騒いで、抱きついての大ハッスル! ハイペースでたばこを吸う姿もサマになっていたとか。

その様子を見た関係者は「モテる理由がわかった」と感嘆。
ジャニーズの岡田准一(34)や三浦春馬(25)をトリコにした魔性のフェロモンとは――。

「決して美人というわけではないし、スタイル抜群でもない。それなのになぜあんなにモテるのか? それがようやくわかった気がします」

そう語るのは業界関係者だ。堺雅人(41)主演の「Dr.倫太郎」は視聴率13・0%で6月17日にフィニッシュ。

全10話の平均視聴率は12・7%と、「半沢直樹」(TBS系)で40%を叩き出した“視聴率男”にしてみれば、少々物足りない結果に終わったが、打ち上げは大盛況だったという。

東京・原宿で知られる渋谷区神宮前のパーティー会場で午後7時から開かれ、堺をはじめ蒼井、吉瀬美智子(40)、小日向文世(61)、内田有紀(39)、酒井若菜(34)ら主要メンバーが勢揃いした。

参加者の一人は「堺さんは肩の荷が下りたのか、いつも以上にニコニコしていて、お酒も進んでいました。

蒼井さんも共演者と談笑しながら上機嫌で飲んでいましたね」と証言する。

1次会は午後10時ごろに終了。その後、場所をダーツバーに変えて2次会が行われた。
そこでスパークしたのが蒼井だ。

「吉瀬さん、内田さん、酒井さんら先輩女優が1次会で帰ってしまったので、2次会では独身の蒼井さんがひと際目立つ展開になりました」(同)

蒼井はダーツには興味を示さず、ひたすら酒を飲み続けた。同時に、かなりのハイペースでたばこを吸いまくったとも。

目撃者の男性は「酒→たばこ→酒→たばこのルーティン(笑い)。あっという間に1箱(20本)吸い終わる勢いでした。吸いっぷりもサマになっていましたよ」と話す。

深夜2時を過ぎたころには、完全にデキ上がっており「顔はほんのり赤く、下世話な会話もOK。

男性スタッフと話し込み『キャハハ!』と大きな声で笑いながら、相手の体をさりげなく触る。抱きついたりもしていましたね。もちろんこれはスキンシップでしょうけど、これには男性は全員興奮していましたよ」(同)。

蒼井は役作りに余念がなく、ドラマの初顔合わせの時には、すでに台本はボロボロ。

ストイックなイメージが強いだけに「打ち上げでのギャップはソソられましたね。

しかも、あんなにたばこを吸うのに、肌がとにかくキレイ。鎖骨とうなじの美しさには息をのみました」(同)。

蒼井と言えば「V6」岡田に鈴木浩介(40)、直近では三浦と浮名を流してきたが、それも蒼井の仕事とプライベートのギャップにヤラれたのだろう。

冒頭の業界関係者は「しかも彼女は熱しやすく冷めやすい典型的なネコタイプ。放っておけなくなるから、気付けば男性の方がハマっているんです」と明かす。

打ち上げは朝方5時まで続き、眠い目をこする堺とは対照的に、蒼井はゴキゲンな様子で帰途についたという。

【引用元:東スポWeb】

■二股疑惑でも男が逃れられない蒼井優の「妖婦性」とは(2013/02/13 18:00)

昨年7月、俳優・鈴木浩介(38)とのデート現場を撮られ、交際宣言までした女優の蒼井優(27)。

彼女の自宅で半同棲状態のようだったが、わずか3カ月後の10月に、年上俳優の堤真一(48)との誕生日デートを週刊誌にスクープされた。

蒼井と鈴木が交際を開始して、おそらく初めて過ごすであろう彼女の誕生日…多くの恋人たちにとって特別なものであるその記念日を、「昔からの友人」である堤と二人きりで、彼の自宅近くのイタリアンレストランで過ごしたというのだから、「鈴木とはもう破局したのか」と邪推されても仕方がない。

だが堤の所属事務所は「いつも鈴木さんを交えて三人で食事している。その日は鈴木さんが合流する前だったのでは」とコメント、蒼井の関係者も「交際は継続中」としていた。

あれから4カ月。確かに交際は続いていたようだ。発売中の「女性自身」(光文社)では、健康オタクの蒼井がアラフォーの彼氏のために「手作り野菜ジュース」を飲ませている、などとラブラブぶりを伝えている。

そのジュースの味はかなり飲みづらいようだが、蒼井は「体にいいから!」と言って飲ませ、撮影現場に持参させたりもしているという。

甲斐甲斐しく世話を焼く様子は、蒼井のタレントイメージにはしっくりくるが…。

「蒼井はそんなふうに他人の世話を焼くタイプではなくマイペースな性格。少なくとも尽くす女ではない、どちからといえば男性を振り回すタイプ。

だからもし本当に彼の健康を気遣っているとしたらよほどベタ惚れなのだなと思いますね。それとも二股疑惑の報道で改心したのか…。

ただこのまま結婚、ということにはならないでしょう。かつて交際していた岡田准一や大森南朋とも、男性側が結婚を意識した時点で彼女の方が冷めて終わりにしてしまったようですから」(芸能記者)

岡田とは同棲を前提に彼の自宅を大幅リフォームしたにもかかわらず、直後に破局。大森も居酒屋で「俺は結婚したいんだけど、あっちがまだ…」と愚痴をこぼしているところを目撃され、後に破局。

その後大森は22歳の若手女優とスピード婚している。結婚したからといって仕事も遊びも制限されずにのびのび楽しむことは十分可能なはずだが、二人は蒼井にとって「運命の相手」と呼べるような男ではなかったということだろうか。

「そもそも結婚願望が薄いみたいですよ。そんなところも逆に男性からは魅力的に見え、束縛したくなり、独占欲もわくのでしょう。

一部週刊誌には二股、三股も当たり前なんて書かれましたが、それでも男側から恨み節が聞こえてこないのはすごい。逃げれば逃げるほど男が夢中になる、天性の妖婦と言えるかもしれない」(前同)

なぜそれほど蒼井がモテるのか。ロングヘア時代はおっとりしたイメージだったが、その性格はワイルドで、タバコをくゆらせながら雑誌インタビューに臨むヘビースモーカー、かつ撮影中はピリピリしてスタッフを怒鳴り散らすこともあるというから外見と中身のギャップは大きい。

普通ならばこれで男性が引いてしまうところだが、彼女の場合はさらにもう一枚の顔があり、それが「酒」で引き出されるのだという。

いったん飲めば、清楚な少女の顔も、怖い映画人の仮面も脱ぎ捨て、目を潤ませ「色っぽいオンナ」の顔になって男性にしなだれかかり、自然なボディタッチでコミュニケーションを深めていくそうだ。

昨年バッサリと長い髪を切ってショートヘアになったが、今度は飾り気のない少年っぽい魅力も加わりまさに無敵。

「脱ぐのは仮面だけじゃなくて、洋服もばんばん脱いで薄着になってしまう」(前同)というからさらにすごい。

顔立ちはあどけなく、一見すると清純派の彼女だけに、この攻撃を受けたら『天然でやっているのか、それとも誘っているのか…』なんて20歳年上のオジサンでもどぎまぎしてしまうだろう。

これを計算ずくに見えないようにやってのける蒼井優、あっぱれである。

ただ、今回も結婚を焦った鈴木の腕から、彼女がスルリと逃げてしまわなければいいのだが…。

【引用元:メンズサイゾー】

■「これからは舞台中心にやっていく!?」熱愛報道の蒼井優“共演者食い”が止まらない!(2012年7月6日)

4日、スポーツ報知に俳優・鈴木浩介との熱愛が報じられた蒼井優。

これまでもV6・岡田准一、大森南朋と、共演者との熱愛を報じられては破局を繰り返してきたが、今回もまた、舞台『その妹』での共演者との熱愛報道となった。

「周囲は『またか』と呆れていますが、蒼井さんはどうやら本気の様子。
少し前から『今年は舞台をやる、来年も舞台を中心にしたい』と意気込んでいたようですが、舞台中心の活動で高い評価を得てきた鈴木の影響だったんですね。

事務所は、舞台はあまりお金にならないので積極的にやってほしくないみたいですが、本人が『女優としてやりたい』と主張しているそうです」(舞台関係者)

蒼井優といえば、CMだけでも7本あり、毎年のように映画に出演するなど、いまや日本を代表する若手女優のひとり。
だが、本人が描いている“女優像”とは少し違うようだ。

「以前、大森南朋さんと交際していたときに、“演技力”の話になったそうです。大森さんの周囲には舞台出身の俳優さんがたくさんいて、そうした中では確かに蒼井さんは舞台経験が少ないほうです。

それで、『演技力がない』と周囲から酷評されたことがあったそうで……。まあ、芸能関係者の中には“舞台俳優=演技力がある”と考えている人は多いですし、実際、テレビで活躍中で演技力があると評判の人は大抵、舞台出身ですからね」(テレビ局関係者)

確かに、今クールのドラマを見ても、ジャニーズ主演ドラマ以外で、平均視聴率2桁をキープしたのは、舞台出身の佐々木蔵之介の『ハンチョウ』(TBS系)と、堺雅人主演の『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)だけだった。

「そういう意味でも、蒼井は舞台出身の鈴木に強く惹かれたのかもしれませんね。どんな理由にせよ、舞台の経験を重ねることは蒼井にとって悪いことではないはず。これを機に演技の幅も広がるかもしれません」(同)

共演者との熱愛報道も、蒼井にとっては女優として成長するためのステップなのかもしれない。

【引用元:日刊サイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について