裏番組のせい? それとも…『SMAP×SMAP』視聴率大幅ダウンの衝撃

SMAP×SMAP

24日に放送された「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)の視聴率が“大暴落した”と話題になっている。
その値は7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)。

昨年の年間平均視聴率が12.6%(「日経エンタテインメント!」2015年1月号より)だった人気番組としては、ずいぶん低い数字だ。

この日の内容は「永久保存版!20年分の海外スター名場面SP」。

歌手マドンナ(57)や俳優トム・クルーズ(53)などが出演した放送回の映像をまとめた総集編だった。

翌25日に7.9%という数字が伝わるや、ネット上で議論が沸騰する事態に。

原因として真っ先に挙げられているのは裏番組だ。
「24時間マラソンの裏側緊急2時間生放送SP」(日本テレビ系)、「世界陸上2015北京」(TBS系)と重なったため、あえて“総集編”で勝負に出なかったのだろう、という見方が多い。

加えて、前番組が悪いとの指摘もある。「SMAP×SMAP」の前に放送された女子バレーW杯と月9ドラマ「恋仲」の視聴率が振るっていないことを挙げ、その流れが影響しているとするものだ。
実際、この日の「恋仲」は視聴率9.5%で自己ワーストを記録した。

とはいえ、今回の低視聴率は、悪条件が重なっただけとは言い切れない兆候もある。

3月30日に放送された「SMAP×SMAP スマスマ初のスター大運動会SP」の視聴率は15.9%だったが、マツコ・デラックス司会の裏番組「月曜から夜ふかし 日本の大大大問題春の一斉調査SP」(日本テレビ系)の16.4%に僅差ながら及ばなかった。

特番でありながら「SMAP×SMAP」が視聴率競争で敗れたことについて、一部メディアは、高齢化が進むSMAPよりも勢いに乗るマツコが好まれたと分析。

また、真偽は不明だが、昨年には放送打ち切りの可能性がささやかれていたとする報道もあった。

1996年にスタートした「SMAP×SMAP」は今年20年目を迎えた長寿番組。

国民的アイドルグループといえど、さすがに息切れ感は否めないのか。

【引用元:日刊ゲンダイ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について