視聴率低迷のNHK大河ドラマを救う長澤まさみの「お色気入浴シーン」プラン!?『真田丸』で衝撃的なシーンが!?

長澤まさみ

NHKが長澤の色気で大勝負だ!! 来年1月から放送される大河ドラマ「真田丸」(主演・堺雅人=41)のヒロインに抜てきされた人気女優・長澤まさみ(28)が、同局上層部と現場のスタッフから「きっと救世主になる!」と大きな期待を寄せられている。

現在放送中の「花燃ゆ」のあまりの低空飛行ぶりに、存続の危機までささやかれている大河枠。

起死回生の視聴率V字回復を狙って制作サイドが練っているマル秘プランをキャッチした。

放送開始から半年がすぎた「花燃ゆ」は散々な視聴率だ。1桁台を4、5、6月と計3度も記録し、国民から総スカン状態。

「何たって裏で放映されている日テレの『世界の果てまでイッテQ!』は常に視聴率18%以上。20%超えも珍しくないんです。

制作費も人件費も10倍以上の大河ドラマが、視聴率で負けるなんて存在意義が問われても何ら不思議ではない」(関係者)

この危機を乗り切ろうとNHKが白羽の矢を立てたのが今が旬の俳優・堺(真田幸村役)と人気脚本家の三谷幸喜氏(54)。

2人にタッグを組ませ満を持して送り出すドラマが「真田丸」だ。

幸村の父親である真田昌幸役には草刈正雄、徳川家康に内野聖陽、ほかにも遠藤憲一、西村雅彦、吉田羊ら実力派の俳優がズラリと並んでいる。
その中、ヒロインとして長澤が選抜されたのだ。

「長澤のあのフェロモンは、大河には似つかわしくないのでは、という意見もかなりあった。

また、相変わらずくっついたり離れたりで、芸能マスコミをにぎわす伊勢谷友介との関係についても危惧している声もあったんです」(事情通)

何としても無用なトラブルだけは避けたいNHKは、ヒロインをオファーするに当たりかなり厳しい条件を提示したという。

その結果、事務所から長澤に対し内々に「断酒&断男令」が出されたともいう。

「クランクインは今年9月。アップするのは来年8月。その期間は男関係を控え、スキャンダルを導きかねないアルコールを断つことでトラブルの芽を摘み取ってしまおうという作戦です。

もちろん、NHKサイドはムチを示した後に、しっかりとアメも用意している。今年のNHK紅白歌合戦の司会や、来年春以降のNHK朝の連続テレビ小説のヒロインの座です。大河の視聴率さえ回復できたらNHKは何でもするといった雰囲気です」(関係者)

堺、長澤に豪華脇役陣を揃えたとはいえ、やはり局としての不安が消えたわけではない。

「花燃ゆ」がこのまま浮上せずに終了すると、世間の大河に対する目はより厳しくなり「真田丸」にも大きな重圧がかかることになる。

「最悪と言われた『平清盛』の視聴率が12%台をうろつき始めたのは実は3月の後半のこと。

対して『花燃ゆ』は既に3か月連続で1桁を出している。落ち込み方を比較すれば『花燃ゆ』がヤバいことは素人目にもわかるんです。

大河は1話、1億円以上の制作費を投入している。民放番組よりも数字が低いとなれば視聴者が黙っていないでしょう」(制作会社プロデューサー)

前作の評判に引きずられ「真田丸」の船出も順風とはいかないかもしれない。

だが、NHKは高視聴率を取る秘策をもちろん用意していた。それが、なんとも楽しみなプランだ。

「長澤はボディーラインに自信があるため、ドラマでも下着姿は基本OKなんです。そのメリットを生かし入浴シーンをどんどん演出していく。

実際に真田家は無類の温泉好きだという証言もあるとか…。高視聴率が求められている三谷脚本にお色気シーンが挿入されることは、ほぼ間違いない」(関係者)

まさにNHKの命運を背負う「真田丸」。果たして長澤は大河ドラマの危機を身をもって救うことができるのか!?

(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

【引用元:東スポWeb】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について