覚せい剤逮捕の清原和博、TBS金スマが擁護&同情一色の番組放送…被害者ヅラで嘘も/仕事現場で目が虚ろ&呂律回らず…知人らに逆ギレ電話…

金スマ 清原

■覚せい剤逮捕の清原和博、TBS金スマが擁護&同情一色の番組放送…被害者ヅラで嘘も

2日夜、警視庁は元プロ野球選手の清原和博氏宅へ家宅捜索に入り、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。清原氏はすでに容疑を認めていると報じられている。

 清原氏をめぐっては、14年に「週刊文春」(文藝春秋)が覚せい剤使用の疑いを報じ、昨年8月28日に放送されたバラエティ番組『ダウンタウンなうSP』(フジテレビ系)出演時に清原氏は疑惑を否定。「やっぱり、恨みつらみ買ってるんですよ、そいつらが言うんですよ」などと、自身が被害者であるかのように語っていた。

 さらにそれに先立つ昨年4月、『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)に出演した清原氏は、疑惑に関する報道や仕事が激減していることなどについて「俺、殺人でもしたのかな」「逮捕も何もされてないですし」などと、身の潔白を強調。さらに「真っ暗闇の中に自分がいて、何か一歩踏み出さないと」「すべてを失って。今度は人の役に立つ人間になろう」と自身の苦境や葛藤を吐露するシーンもみられた。

 テレビ局関係者が語る。

「『金スマ』では、真剣な面持ちで四国八十八カ所の霊場のお遍路めぐりをする清原に密着し長時間流されたほか、人目を避け家からほとんど出ずマスコミに見つからないように朝6時半に買い物に出たエピソードなど、清原への同情を誘う話を多数紹介。番組全体のトーンや演出、さらには共演者の態度からも明らかに“世間から批判を受けて苦しむ清原”を強調する“お涙頂戴狙い”のスタンスでした。清原本人の証言だけを頼りにきちんと調査せず、当時すでに薬物使用疑惑を持たれていた清原を持ち上げ、あたかも清原が被害者であるかのような印象を視聴者に与えてしまったTBSの責任は重いといえるでしょう」

 また、別のテレビ局関係者は語る。

「『文春』が覚せい剤疑惑を報じたということは、警察筋から得たかなり確証の高い情報にもとづいているとみるべきです。今回の逮捕で、『ダウンタウンなうSP』では清原が嘘をついていた可能性が高いことになりますが、浜ちゃん(浜田雅功)が『クスリやってんの?』とストレートに聞いたり、入れ墨に関する質問に清原がムッとする表情がカットされずに放送されたり、さらにダウンタウンの2人と坂上忍が最後まで清原の話に100%は納得していない様子が伝わってきました。その意味では清原との“一定の距離”が感じられました。一方、『金スマ』は清原にベッタリで擁護一色。これだけ疑惑が報じられているなかで、当人の主張に丸乗りするような姿勢は、いくら視聴率のためといえども問題があるといえるでしょう」

 今回の清原逮捕、メディアの姿勢のあり方にも一石を投じそうだ。

■覚せい剤逮捕の清原和博、仕事現場で目が虚ろ&呂律回らず…知人らに逆ギレ電話

一昨年の人気ミュージシャン・ASKAに続き、またもや有名人が覚せい剤で逮捕された――。

 2日夜、警視庁は元プロ野球選手の清原和博氏宅へ家宅捜索に入り、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。清原氏はすでに容疑を認めていると報じられている。清原氏をめぐっては、14年に「週刊文春」(文藝春秋)が覚せい剤使用の疑いを報じ、昨年8月28日に放送されたバラエティ番組『ダウンタウンなうSP』(フジテレビ系)出演時に清原氏は疑惑を否定していた。スポーツ紙記者が語る。

「清原は2005年に巨人から戦力外通告を受け、同年にオリックスの仰木彬さん(当時シニアアドバイザー)に拾われるかたちで同球団に移籍したものの、目立った活躍はできず08年に引退しました。のちに清原自身が『野球をできないことが、こんなに辛いと思わなかった』などと語っているように相当精神的に苦しんだようで、メディア露出も激減。夜も寝られず、睡眠薬や精神安定剤などを服用するまでになったと明かしています。

 11年頃からタレント活動などが徐々に増えていきましたが、当初は精神安定剤の影響からか、球場やメディアの仕事中にふと目が虚ろになり、黙りこんだり呂律が回らなくなったりすることもしばしばでした。そのため、現場にはいつも亜希夫人が付き添っていました。その亜希さんとも14年に離婚し、2人の子供とも離れて今では独りマンスリーマンションに住んでいますが、仕事激減なども重なり、覚せい剤に走ってしまったのでしょうか」

 そんな追い詰められた状況を物語るかのように、清原は昨年頃から、自ら知人らに仕事の紹介を依頼する電話をかけていたという。昨年2月3日付当サイト記事では、芸能界関係者のコメントとして以下を掲載している。

「電話ではいつも開口一番、『何か仕事ありませんか』と切り出す。こっちもかなわないので、のらりくらりかわしていると、そのうち『あのときはあんなに協力したやないですか!』と恩着せがましい口調になり、いつも最後は『ほな、もうええですわ』とガチャ切り。それでいて、1週間も経たないうちにまた同じ電話をかけてくる。この繰り返しです」

 こうした振る舞いや覚せい剤使用疑惑報道なども重なり、その後メディア出演の機会はさらに減っていった。

「実は昨年初め頃から、日本野球機構(NPB)は各球団の選手に清原と接触しないよう要請していました。この動きを受け、テレビ局をはじめとするメディアは清原起用の自粛をよりいっそう強めていったのです」(スポーツ紙記者)

 実力も人気も兼ね備えた“スター・プロ野球選手”は、人生の試練を迎えている。

【引用元:ビジネスジャーナル】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について