解散発表後初収録のスマスマで、木村拓哉がタイムリーな男性アーティストに「SMAP」香取慎吾は「世界に一つだけの花」と即答で話題

香取慎吾と木村拓哉

SMAP解散発表後の24日に初めてメンバー5人が顔を揃えて収録したフジテレビ系「SMAP×SMAP」が29日、放送された。

厳戒体制での収録では、リオ五輪柔道男子90キロ級金メダリストのベイカー茉秋をゲストに迎えて「ビストロSMAP」を撮影していた。

ベイカーはSMAPの大ファン。中居正広の進行で“ベイカー・クイズ”も実施され、「初めて買ったCDは?」という質問も。

ここで中居は「男性アーティスト」というヒントに続き「けっこう今、タイムリーですよね」と意味深ヒント。
これに木村拓哉が「SMAP」と即答し、正解。

続く「何の曲でしょうか?」という質問に、香取慎吾が「世界に一つだけの花」と即答し、正解する場面があった。

木村が「タイムリーな」というヒントに「SMAP」と反応。

香取もファンが「花摘み」と呼び、解散発表後は購買運動が展開されている「世界の一つだけの花」を挙げて正解するという印象的なやりとりだった。

ベイカーはSMAPの大ファン。
収録直後の帰国会見では「初めて買ったCDが『世界に一つだけの花』で小さいころからの憧れの方々と共演できたのが、メダルを獲ってよかったと思うことです」と満面の笑顔で語っている。

【引用元:デイリースポーツ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について