貫地谷しほり、深夜のグルメドラマで爆乳揺らしてキュートな食べっぷり

貫地谷しほり

女優の貫地谷しほり(29)が主演を務める新ドラマ『女くどき飯』(TBS系)が27日深夜からスタートした。

初回の平均視聴率は1.5%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と深夜帯とはいえ振るわなかったが、ネット上には「おいしくご飯を食べる女性にはかなわない」といった声が寄せられ、食べっぷりのいいキュートな役柄を演じる貫地谷の評判は上々の様子だ。

ドラマの原作は、かつてバラエティ番組『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)の11期生だった経験を持ち、元AV女優としても知られる漫画家の峰なゆか(30)が、webサイト・ぐるなび上で連載しているエッセイ漫画。

アラサーのフリーライターが記事のためにさまざまな男性とデートを重ね、実在する外食店での食事を通して理想の男性を追い求めるという作品で、原作では峰自身が主人公だが、ドラマではまったく違うタイプのヒロインを貫地谷が演じている。

経験豊富な峰らしく、原作には男性へのデート指南やダメ出しが多く見られるが、ドラマの貫地谷は恋愛に消極的な“独身アラサー女子”に扮し、デート相手の男性にドキドキし、少女のように胸をときめかせる夢見がちな女性を演じる。

初回の放送では相手役にハイスペック爽やかサラリーマン風の雰囲気で女性人気の高い福士誠治(31)が登場。

実在する銀座のレストラン「ラバー」で、ワインとドライエイジングビーフを食べながらのデートを展開した。

ドライ味噌で味わうオーガニック野菜や150日間熟成させたビーフの盛り合わせなどを、いかにもおいしそうに食べる貫地谷。

もぐもぐと頬張りながら、そのおいしさを解説する“心の声”といった演出もあり、ドラマはグルメ情報満載の仕上がりとなっていた。

一部のネット上では、食べ物を咀嚼するたびに揺れる貫地谷の推定Hカップといわれる胸も注目の的となっており、「自然体のオッパイがたまらない」「やっぱりデカいんだな」といった声も多く寄せられている。

「貫地谷さんは、どんな作品にも溶け込む圧倒的な柔軟性があり、実力派の女優として評価されています。

そんな彼女の名前が一般に広まったのは、NHKの連続テレビ小説『ちりとてちん』(2007年)でしょう。

これまでの朝ドラには明るくポジティブな性格のヒロインが多かったのですが、このとき貫地谷さんが演じたのは心配性でマイナス思考ながら夢に突き進むというタイプで、多くの視聴者の印象に残りましたね。

また、NHKの大河ドラマ『龍馬伝』(2010年)では、主人公の坂本龍馬に一途な思いを抱く女性剣士・千葉佐那を好演し、さらにファン層を拡大させました。

芯の強い女性というイメージのある貫地谷さんですが、映画『スウィングガールズ』(2004年)、ドラマ『キミ犯人じゃないよね?』(2008年)などでは見事なコメディエンヌぶりも発揮しています。今回のドラマでは、そんな彼女のユーモアたっぷりの魅力があふれていますね」(芸能ライター)

同ドラマの撮影前には、「食べることが本当に好き」と話していた通り、いかにも嬉しそうに食事をする貫地谷は視聴者の間でも好評。

ドラマの制作陣には、『孤独のグルメ』(テレビ東京系)を手掛けた宝来忠昭監督や『たべるダケ』(同)の脚本家・北川亜矢子氏などが名を連ねており、百戦錬磨のスタッフによる演出が貫地谷の魅力をより一層引き立てているのかもしれない。

ネット上には、「食よりも男女の恋愛模様が重視されているようで見ていて疲れる」といった意見もあるが、グルメと女子の本音が同時に描かれた内容は、深夜に食欲を刺激するグルメドラマの新しいカタチとして、視聴者に新鮮な印象を与えてくれるだろう。

ドラマの中では、男性から口説かれることに目を輝かせている貫地谷だが、実生活では昨年、大手広告代理店勤務の男性とのゴールインが報じられたものの、きっぱりと否定している。

女優としてさらなる高みを目指す彼女にとって、今は恋愛よりも仕事に力を入れたい時期なのかもしれない。

恋とグルメに挟まれながら、コメディエンヌとしての実力を発揮する貫地谷。新感覚のドラマでは、貫地谷の魅力を十分に満喫できそうだ。

【引用元:メンズサイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について