赤西仁が体調不良から復帰しファンイベントに登場するも、怪しい人物との交流が発覚!?今後も不安だらけ!?

赤西仁

先日、胃腸炎のため都内の病院に緊急入院したことが伝えられていた赤西仁。

19日には自身のTwitterに「くっそぉぉぉ….痩せちまった」とツイートしたまま、退院の報告は聞かれなかったが、25日には自社レーベル立ち上げ後、初となるファンイベントを開催。

元気な姿をファンに見せたという。

今年2月末にジャニーズ事務所を退社した赤西。

8月6日に再始動後の初シングル「Good Time」をリリースし、同18日付のオリコン週間ランキングでは、エイトレンジャー(関ジャニ∞)の「ER2」に次いで2位にランクインし、初週売り上げは4.0万枚を記録。

昨年10月リリースの「アイナルホウエ」は初動4.2万枚だったため、ジャニーズ退社後も売り上げは激減することなく、一定のファンの支持を得ている。

そんな中で行われたイベントでは、会場のZepp Tokyoに約3,000人のファンが集結。

9月26日付のサンケイスポーツによると、赤西は今月15日に腹部の痛みを訴え、都内の大学病院に入院。

11月からスタートする全国ツアーに向け、検査を兼ねた入院だったが、21日には退院していたという。

「仁は腸炎になり、2週間も絶食&点滴生活を送っていたそうです。

イベントでは車椅子に乗って点滴を受けている写真や、ベッドに寝ている写真も公開されたようですが、本人にとってはつらい場面なのに、笑いを交えながら入院中のエピソードを話してくれたとか。

看護婦さんに『今までで最高の血管でした』と褒められたことを自慢していたという話が、仁らしいなと思いましたね」(赤西ファンの女性)

CDも順調な売り上げを記録し、イベントでも以前と変わらないテンションでファンを楽しませた赤西だが、今年6月には山下智久と関ジャニ∞・錦戸亮と六本木で「スマホ窃盗事件」を起こしたばかり。

その“ヤンチャぶり”でファンを心配させている一方、業界からは赤西の交友関係を不安視する声も聞こえてくる。

「今回のイベントを見に行っていたという映画監督・寺西一浩が、ブログで赤西とのツーショット写真をアップし、『仁くん、これからも、才能を発揮して、世界に向けて発信し頑張ってね!』と赤西にメッセージを送っていました。

この寺西という人物、『田中真紀子元外相の隠し子』という触れ込みで、これまでに島倉千代子、雪村いづみら多くの著名人とのトラブルが浮き彫りになった、いわくつきの人物なんです。

今回、赤西をブログでベタ褒めしてるのもアクセス稼ぎと思われても仕方がない。

すでに一部ファンは『売名行為じゃないか』なんて勘ぐっている者もいるようです」(週刊誌記者)

元気になってファンの前に戻ってきたものの、まだまだプライベートでは不安要素も垣間見れる赤西。

六本木での一件も終結していない中、11月からの全国ツアーは無事に完走することができるのだろうか?

【引用元:サイゾーウーマン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について