長澤まさみ、来年も東宝の「看板」に決定するも…事務所関係者を悩ますキケンな”爆弾”

長澤まさみと伊勢谷友介

すでに世間ではカレンダー商戦が始まっているが、特別な意味を持つカレンダーが芸能界に存在する。

半世紀以上の歴史を誇る「東宝カレンダー」の2015年版で女優の長澤まさみ(27)が、11年連続で表紙を飾る偉業を達成したのだ。

東宝配給の映画で活躍した女優や系列会社「東宝芸能」所属のタレントが表紙に起用される同カレンダーだが、これまで3回以上起用されたのは長澤以外に山口百恵(55)、水野真紀(44)、古手川祐子(55)、沢口靖子(49)の4人しかいない。

これまで単独トップだった沢口の連続11回という記録に長澤が並び、さらに“沢口超え”を果たす可能性も出てきている。

「東宝芸能は芸能界屈指の老舗ですが、近年はあまり若手が育っていない。かといって、東宝作品に出演した別の事務所の女優を表紙にするのも微妙。

そんな状態が続いていることも、長澤が表紙に起用されている理由といえます。とはいえ、実際に長らく高い人気をキープしているのは事実ですから、彼女が『東宝の顔』であることに異論も出ていない」(芸能関係者)

一時は人気低下の気配もあった長澤だが、11年公開の映画『モテキ』でセクシー路線を解禁してから再ブレイクし、最近も三谷幸喜氏(53)作・演出の二人舞台に出演したり、蜷川実花(42)が監督した有名ブランドのスペシャルムービーに起用されたりと大活躍。

来年公開予定のジョン・ウー監督(68)の映画『大平輪』(原題)では、長澤が主演の金城武(41)を相手に過去最高の濡れ場を披露しているとの情報もある。

まさしく東宝の大看板である長澤だが、唯一の不安要素といえるのが俳優・伊勢谷友介(38)との交際だ。

昨年3月に熱愛が発覚した二人は、同棲までしていたというが今年2月に破局が報じられた。

かねてから伊勢谷に「DV疑惑」があり、元交際相手の女性たちが週刊誌で「暴力を振るわれた」「ストーカー行為をされた」「エアガンで撃たれた」などと告発。

それを信じようとしなかった長澤だが、暗に結婚を迫った際に伊勢谷が豹変。

今まで見たことがなかった暴力的な態度を目にしたことで、関係を考えなすようになったのが破局の原因といわれた。

伊勢谷が長澤に無謀な海外進出や独立をそそのかしていたという話もあり、当初から交際に反対していた東宝は破局で安堵。

ところが、今年9月に都内でデートしている現場を女性誌にスクープされ、復縁説が持ち上がった。

「長澤から別れを切り出して一時は破局状態になっていたのですが、すっかり精神的に依存しきっていた伊勢谷の存在が忘れられず、結局は元サヤにおさまってしまった。

暴力的な一面が垣間見えたとはいえ、決定的なボロは出していませんから、チラリと見えた彼の“怖さ”よりも頼れる存在としての魅力が勝ってしまったようです。

一度は破局で安心していた東宝芸能の関係者は、再び長澤に別れを勧めたようですが、まったくコントロールがきかず頭を抱えています。

東宝の看板としてCMや撮影のスケジュールがびっしり入っていますから、急にデキ婚や独立なんて言い出したら目も当てられない。

看板を失えば東宝芸能はベテラン以外に目立った人材がいませんから、将来的な事務所の危機に直結してしまう」(前同)

事務所としては危険な“爆弾”を抱えていることが分かっていながらも、ほかに看板になるべき人材がいないというジレンマがあるようだ。

果たして、長澤の目が覚めることがあるのか、このまま突っ走ってしまうのか、関係者は気が気でないだろう。

【引用元:メンズサイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について