長澤まさみが出演の映画『THECROSSING(太平輪)』がお蔵入りに!?その理由とは!?おっぱいモロ出しの濡れ場は一切無し!?

長澤まさみ

長澤まさみ(26)が22日、ファッションブランド「グローバルワーク」の20周年記念イベントに出席した。

白のレーストップスからは胸の谷間がチラリ。白のパンツをはきこなし、美尻を惜しげもなく披露した。

出演作「THECROSSING(太平輪)」(ジョン・ウー監督)をPRするため、開催中の「カンヌ国際映画祭」に19日(日本時間)に参加。

21日の夕方に日本へ帰国したばかり。「実は時差ボケでちょっと眠い…」と思わずこぼしていた。

カンヌでは“下乳”が見えるセクシーな黒のドレスでレッドカーペットを歩いた長澤。

そんなセクシー衣装以上にこの映画で話題になっていたのが「初ヌード」情報だった。

一部週刊誌では「濡れ場シーンで金城武が長澤を押し倒し、耳から首筋を愛撫。

金城が彼女のブラウスをめくり上げ、そのまま長澤のFカップの胸に触れる。

乳首は少しピンク色で若干垂れ気味ながらも形の良い胸があらわになっている」と、かなり具体的な描写も報じられ、“ファン必見”の作品となるハズだった。

ところが、このウワサを長澤本人が、先日の日刊スポーツのインタビューで「ないです」と全否定。

「私、どの作品をやっていても必ず濡れ場があるって書かれるんです。確かにすごく激しい雨に濡れる、濡れ場はありますけど。毎回書かれるからあまり気にしてないですよ」と笑ってみせた。

これには、ようやく長澤のヌードが拝めると前のめりになっていたファンはさぞかしガッカリだろう。

もっとも、この作品自体も公開を危ぶまれているという。

「映画は1949年の『太平輪事故』を描いた作品で、『中国版タイタニック』と言われている。

そのため、先月16日に起きた韓国の旅客船『セウォル号』沈没事故の影響で、映画自体が幻の作品になる危険性があります。日本での公開も今のところ未定です」(映画関係者)

お蔵入りになるくらいなら、雨でびしょ濡れになる長澤でも……。

【引用元:日刊ゲンダイ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について