隠れモテ男の山本耕史“共演者キラー”の素顔/堀北真希が結婚を決意した理由 仲良しメイサの電撃婚で心境変化

堀北真希と山本耕史

女優の堀北真希(26)と俳優の山本耕史(38)が22日、結婚した。双方の所属事務所が発表した。

以前から知り合いだったが、今年5月の舞台共演をきっかけに恋人関係に発展。

関係者によると6月から交際を始め、今月初めから同居生活を始めている。挙式、披露宴は行わない予定。

堀北は妊娠しておらず、仕事を続ける。わずか2カ月での“電撃爆走婚”に衝撃が走った。

交際が始まったのは今年6月。
09年4月からフジテレビドラマ「アタシんちの男子」で初共演して以来6年来の友人だった2人は、わずか2カ月で交際と結婚に突き進んだ。

関係者によると、7月には周囲に「結婚前提でお付き合いしています」と報告があった。

今回のスピード婚に知人らからは「正直ビックリした」という声が上がっている。

山本との交際のきっかけは今年5月、恋人を演じた舞台「嵐が丘」(東京・日生劇場)。

関係者によると「山本さんは初共演以来、堀北さんに好意を寄せていた。

今回の舞台共演を機に、何度もデートに誘っていた」と猛アタックが始まった。

楽屋が隣同士だったといい、仲良く話し合う姿が共演者やスタッフらに目撃されていた。

所属事務所を通し堀北は「お互いにこれからの人生をともにしたいと思うようになり、結婚の運びとなりました」。

山本は「人として大きな責任感と、またさらなる使命感に満たされ、襟を正しています」とコメントした。

■隠れモテ男の山本耕史“共演者キラー”の素顔

芸能界でモテ男といえば俳優の小栗旬(32)やDA PUMPのISSA(36)らが有名だが、山本も隠れたプレーボーイ。
共演女優らと次々に噂になった“共演者キラー”だ。

関係者によると「気に入った人とはとことん付き合う性格。若い女性に対してはお兄さん的な感じでモテる」という。

ただここ数年は恋人はいなかったといい「結婚するとは思わなかった」と周囲も驚いている。

■堀北真希が結婚を決意した理由 仲良しメイサの電撃婚で心境変化

堀北はこれまで男性との噂が報じられることのなかった“スキャンダル処女”。真面目で家庭的な性格で料理も得意。

清純派の国民的人気女優が、この時期に結婚を決意した理由は何だったのか?

所属事務所はデビュー12年で朝ドラ主演、紅白司会、大河出演など貢献度の高さなどから反対できなかったもようだ。

12年には同じ事務所で同い年と、仲の良い黒木メイサ(27)が赤西仁(31)と電撃婚。

関係者は「堀北さんも“この人”という人ができたら、結婚しようと思ったのでは」と話した。

メイサの産休中も仕事にまい進。精神的に追い込まれた様子を、周囲に見せることもあった。

山本との交際のきっかけは今年5月、恋人を演じた舞台「嵐が丘」(東京・日生劇場)。

堀北は同舞台の会見で「今の時代だったら女性もバリバリ働けるので、好きな人と結婚したい。激しいより穏やかな方がいい」と話していた。

この頃には、会見場の外で仕事する報道陣に近づき、あいさつするような変化もあった。
山本が精神面にゆとりをもたらしたのかもしれない。

◆堀北 真希(ほりきた・まき)1988年(昭63)10月6日、東京都生まれの26歳。
03年7月、映画「COSMIC RESCUE」で本格デビュー。
05年にはドラマ「野ブタ。をプロデュース」でブレーク。
同年、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。
12年にはNHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」でヒロイン。
同年大みそか「NHK紅白歌合戦」では紅組司会を務めた。

◆山本 耕史(やまもと・こうじ)1976年(昭51)10月31日、東京都生まれの38歳。
87年に日本初演だった「レ・ミゼラブル」で舞台デビュー。
93年にドラマ「ひとつ屋根の下」への出演で認知度が一気に上がる。
04年のNHK大河ドラマ「新選組!」では土方歳三役に抜てきされる。
07年のドラマ「華麗なる一族」では、木村拓哉演じる万俵鉄平の弟・銀平を演じた。
音楽活動にも熱心で、インディーズでCDもリリースしている。

【引用元:スポニチ Sponichi Annex】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について