頸椎損傷のプロレスラー・ハヤブサが『24時間テレビ』による誤解否定し、編集方法に疑問を呈す 完全復帰へ「頑張る」

ハヤブサ

頸椎損傷の大ケガからリング復帰を目指すプロレスラーのハヤブサ(46)が、23日に放送された日本テレビ「24時間テレビ38」の演出による“誤解”を否定。

「これからも復帰を目指して頑張っていきます!」とブログで決意を示した。

ハヤブサはアクロバティックな飛び技を武器にFMWでエースとして活躍。

しかし2001年10月22日、東京・後楽園ホールでの試合中のアクシデントで頸椎を損傷し、一時全身不随となる重傷を負った。

プロレスラーとして復帰するため、14年間にわたって懸命なリハビリを続けているハヤブサだが、番組ではまるで引退するかのような演出が行われたことから、誤解する視聴者が続出。

インターネット上でもプロレスファンが異議を唱えたことから、放送終了直後の23日午前にハヤブサがブログで真意を説明した。

番組では、ハヤブサが14年前に事故が起きた後楽園ホールのリングに上がり、盟友のミスター雁之助(47)、先輩・天龍源一郎(65)らのプロレス仲間やファンとともに新崎人生(48)の鳴らす10カウントゴングを聞く模様がVTRで放送された。

「10カウントを聞いて改めて胸を張ってスタートしていきたい」という本人のコメントが紹介されたが、ナレーションとテロップでは「10カウントはプロレスラーの引退の儀式」「引退の10カウント」との説明がなされた。

『24時間テレビ』ハヤブサの誤った演出

VTR後、日本武道館から番組に生出演したハヤブサは改めて「自分の中では新しいスタートの10カウントだと思っている」と説明し「開脚リングインをしてリングに戻る約束を果たすために今まで以上に頑張っていきたい」と現役復帰への意思を表明。

20年来の親友というお笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多大吉(44)も「くれぐれも引退じゃないんで」と強調した。

ハヤブサは番組出演直後にブログを更新し、「オレはこれからも復帰を目指して頑張っていきます!これだけ理解しておいていただければ十分です」とメッセージ。

ミスター雁之助もツイッターで「最初話を聞いた時に10カウントをするというのでそれはおかしい!と。ハヤブサは復帰を目指すと言ってたわけで。

すぐにハヤブサに連絡したら彼から『ケジメの10カウント、リスタートで引退式じゃないよ』と聞いたので出席しました。

全員のコメントも収録したけど時間の都合でカット」「聞いた瞬間におかしな企画だなって俺も思ったからね。見てる人は混乱するよね」などと親友の心情を説明するとともに、番組の説明不足に疑問を呈した。

【引用元:スポニチ Sponichi Annex】

■プロレスラーのハヤブサが24時間テレビの演出を否定 「復帰を目指す」

23日、プロレスラーのハヤブサが自身のブログで、「24時間テレビ38 愛は地球を救う」(日本テレビ系)の演出を否定し、リングに復帰する意志を明言した。

2001年、ハヤブサは試合中の事故で頸椎を損傷し、全身不随の状態となった。

現在、プロレスラー休業の状態に陥っているが、復帰を目指して懸命のリハビリを続けているのだ。

そんなハヤブサを、22日から23日にかけて放送している今年の「24時間テレビ」が取り上げた。

VTR内でハヤブサは、事故現場となった後楽園ホールのリングに上がり、10カウントのゴングを聞いた。

ハヤブサはVTR中で「10カウントを今回聞いて、改めて胸を張ってスタートしていきたい」と心中を明かしていた。

ところが、番組のナレーションは10カウントのゴングが「プロレスラーの引退」を意味していることを説明した上、VTR中のテロップも「プロレスラー人生にケジメをつけたい」と表示し、まるで彼が引退するかのような演出となっていた。

会場に姿を現したハヤブサは、多くの観衆の声援と拍手を浴びながらリング中央まで杖一本で歩を進めた。

そして、「仲間たち、ファン、親友とともに聞く引退の10カウント」とのナレーションとともに、ハヤブサはゴングの音を聞いていた。

ハヤブサはその後、スタジオに登場したが、今回のイベントはあくまで新しいスタートに立つためのものであり、いつか回復してリングに復帰するためにより一層頑張るつもりだと力強く語った。

彼の親友である博多大吉も、そこで「くれぐれも引退じゃないんで!いちスタートということで!」とコメントし、リスタートであることを重ねて強調していた。

スタジオ出演後、ハヤブサはすぐにブログを更新し、「オレはこれからも復帰を目指して頑張っていきます!これだけ理解しておいていただければ十分です」と、改めて引退を否定している。

その上でハヤブサは「10カウントという形でしたが、あくまでオレにとって新しいスタートのゴングです」「今まで以上にリハビリとトレーニングに励みながら、プロレスからもらった夢とあきらめない心をつなげていきたいと思います!」と綴り、復帰に新たな意欲を燃やしていた。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について