香取慎吾「ファンが夢を叶えてくれる」&『ナカイの窓』のSMAP解散語りの収録はデビュー記念日だった!

中居正広と香取慎吾

SMAP香取慎吾が出演している『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)と、中居正広が出演している『ナカイの窓』(日本テレビ系)で、ファンについての思いやグループ解散についての発言があったと話題になっている。

それはどちらも9月21日に放送された内容で、19時から放送された『おじゃMAP!!』では、ゲストとして登場したHKT48指原莉乃が、「香取さんにお礼言いたかったことがあるんです」と切り出し、2014年に放送され、SMAPが総合司会を務めた『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)について語り始める。

指原はSMAPの「ノンストップライブ」を見て、「後ろでお客さんたちが『ガンバレ!』って言ってるのを見て、形は違えどこういう風に応援されて、こういう風に見られてるんだ」ということに気がつき、それからファンに優しくするようになったのだとか。

その変化は指原のファンにも伝わったらしく、「あのときから変わったね」と声をかけられることもあるようだ。

これに香取は、「『夢を与えてくれて~』とか、アイドルって言われるけど、逆に(ファンが)ボクらの夢を叶えてくれてるんだよね」と思いを吐露。

ファンに対して冷たい態度をとるようになってしまった時期があると明かした指原に対しては、「ファンの人に応援してほしくてやってるの。『見てます!』とか『頑張って』って言われたくて始めたはずなのに、贅沢だけど、言われすぎるとわかんなくなっちゃうんだよね」と共感。

そして、「多くの人に応援してほしいし、応援してくれることにありがたいと思いながらね」と、アイドルの大先輩として、指原にアドバイスを送っていた。

そして同日23時59分から放送された『ナカイの窓』では、ゲストたちがSMAPについての思いを語る場面が。

この日の放送は「お酒大好き芸能人SP」と題し、MCの中居を含め出演者全員が酒を片手にトークを繰り広げた。

アルコールが回り次第に酔っ払ってきた出演者たちは、饒舌にしゃべり始めたり、スタジオを飛び出しおつまみを買いに行ったりと、まったくカメラを意識していないよう。そして恋愛トークが盛り上がる中、中居は突然席を外し、姿を消してしまう。

そんな中、酔っ払ったゲストたちは中居、そしてSMAPについて語り始める。

芸人のスピードワゴン・井戸田潤は、「今芸能界で1番大変な人なんだから」と、SMAP解散騒動に触れると、「SMAPがいなくなるのは悲しいし寂しいよ」「オレはでも大反対だね、解散は。ファンとして(SMAPを)見てて、やっててほしい」と、口々に本音を語った。

また、同番組を含め中居との共演が多い、芸人のハリセンボン・近藤春菜は、「大人の5人が決めたことなので。好きなことをやっていただきたい、今までできなかったことがたくさんあると思うので」と、中居を慮った発言をしていた。

実はこの日の『おじゃMAP!!』と『ナカイの窓』が収録されたのは、SMAPのデビュー日である9月9日。

『おじゃMAP!!』では番組中にテロップが出され、『ナカイの窓』ではゲストとして出演した中村静香のTwitterに、「今日は誕生日に重なってたまたま飲みながらの収録でした」と投稿されたことから判明したのだが、これを知ったファンたちは、「どっちも9月9日の収録なんだ。いろいろわかってて発言したのかな」「デビュー25周年にステキな偶然。泣ける」「共演者やスタッフからの愛を感じるなあ。ありがとうございます!」と、デビュー記念日に起こった偶然に感動したようだ。

中居と香取は、これまでも解散を“自虐ネタ”としてテレビで話したことがあり、メンバーの中でも特にSMAPについて語る機会が多い。今回の偶然も、「デビュー日を意識していたのかもしれない」と考えるファンは少なくないようだが、はたして……?

【引用元:ジャニーズ研究会】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について