香里奈が4年ぶりに連ドラ『結婚式の前日に』主演で“難役”! 脳腫瘍と闘うドタバタ花嫁

TBSドラマ『結婚式の前日に』で主演の香里奈

モデルで女優、香里奈(31)が10月スタートのTBS系「結婚式の前日に」(火曜後10・0)に主演することが23日、分かった。

香里奈にとって4年ぶりの連ドラ主演で、結婚式を目前に控えながら脳腫瘍を患うも、28年ぶりに再会した型破りな母親や婚約者らの支えで力強く生き抜こうとするOLを演じる。

「この作品を通して、明るく前向きになっていただけたらうれしいです」と熱演を誓った。

香里奈が4年ぶりに連ドラの主演女優として帰ってくる。

「結婚式の-」はオリジナルストーリーで、香里奈演じる快活で男勝りな性格のOL・芦沢ひとみが主人公。

結婚式を100日後に控えながら、健康診断で脳腫瘍であることが判明する。

医師からは命の危険があると宣告され、ショックを受ける中、28年前に男と駆け落ちした母親、柏田可奈子(原田美枝子、56)と再会。

型破りな性格で、「悲劇のヒロインになってんじゃないよ!」などと励ます母とドタバタ劇を繰り広げながら、前向きな心を取り戻していく。

香里奈は主人公について「仕事や対人関係も一生懸命ですが、一瞬にしていろいろな苦悩を抱えてしまう女性」と分析。

9月上旬のクランクインに向け「視聴者の方々が共感できるようなリアリティーを求めて役作りをしたいです」とイメージをふくらませている。

香里奈の連ドラ主演は2011年のフジテレビ系「私が恋愛できない理由」以来、4年ぶりで、ドラマ出演も13年の同局系「SUMMER NUDE」以来、2年ぶり。

TBS系では08年の「だいすき!!」で連ドラ初主演を果たしており、「TBSで新たなヒューマンラブストーリーができることになり、うれしく思います」と気合が入る。

「結婚式の前日に」の新井順子プロデューサーは、香里奈に「大変難しい役どころですが、人間の強さや弱さ、温かさや切なさを丁寧に演じていただきたいと思っています」と期待する。

香里奈も「この作品を通じて、明るく前向きになっていただけたらうれしい」と“難役”への挑戦を楽しみにしていた。

【引用元:SANSPO.COM】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について