高校野球・東海大相模が優勝に反応の矢口真里“にわかファン癖”再発の声が殺到!!

矢口真里

昨年10月に芸能活動を再開するも、エステのイメージキャラクター「脱毛娘。」から一人だけ降板するなど、お騒がせ続くタレントの矢口真里(32)に対し、<久しぶりに本領発揮>との声が上がっている。

20日に東海大相模が夏の甲子園大会で45年ぶりの優勝を飾ると、同校を祝福する記事をブログに掲載。

<甲子園神奈川県代表東海大相模の皆さん優勝おめでとうございます!!!!!!凄い!!!私もすごく嬉しいです暑い熱い夏!!!本当に素敵でした本当に本当におめでとうございました!!!そして、お疲れ様でした>とつづったことに、ネット上で「またか…」の大合唱なのだ。

原因は、何が話題になるたびにファンを公言する、矢口の“にわかファン”疑惑。

だからなのかネット掲示板には、<何の関係もないだろう><ほんと何にでも擦り寄るその姿勢が大っ嫌い>などの声が殺到。

矢口が神奈川県出身であることを知る者は、<神奈川県民だったってだけで乗っかるって根性が凄いな>との声も寄せられた。

矢口は以前から記者会見やブログで、漫画、アニメ、テレビゲームなどについての多趣味ぶりをアピールしてきた。

ところが、2012年2月に放送されたバラエティー番組「爆笑!大日本アカン警察」(フジテレビ系・放送終了)で、疑問が差し挟まれる事態が起きている。

同番組で矢口の趣味の数は11と紹介されたが、他の出演者から「公言している趣味を全て実行していると寝る時間がないのでは?」「本当にその趣味をやっているのか」とツッコミが入ったのだ。

番組中に真相は明かされなかったが、これ以降、矢口の多趣味は“眉ツバ”で、流行に便乗するだけの「にわかファン」ではと、アンチや視聴者からもツッコミが入るように。

同年3月放送の「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)での漫画「ONEPIECE」のクイズコーナーに出演した際にも、大ファンを公言していたにもかかわらず、1問も正解できず大失態をさらしたことも、疑惑に拍車をかけた。

決勝戦の東海大相模対仙台育英は大熱戦。関東地区の視聴率は9年ぶりに20%を超えた。

矢口も興奮のあまり優勝祝福ブログをつづったのかもしれないが、周囲の目はまだまだ冷ややかということだろう。

【引用元:日刊ゲンダイ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について