高畑淳子の謝罪会見に被害者学の専門家が「休業宣言をするのかとも思った」

高畑淳子の謝罪会見に被害者学の専門家が「休業宣言をするのかとも思った」

26日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、被害者学の専門家が、女優・高畑淳子の緊急謝罪会見に対して、厳しい指摘を連発する一幕があった。

番組では冒頭から、高畑裕太容疑者が強姦致傷の疑いで逮捕されたことを受けて都内で開催した、高畑淳子の緊急謝罪会見の様子を伝えた。

スタジオにでは、世界被害者学会理事の諸澤英道氏も出演し、同会見についてコメントした。

諸澤氏によると、こうした謝罪会見を開く文化は日本特有のものだという。

しかも、今回は加害者の母親が会見を開いており、このことについて諸澤氏は「何を(会見で)言うんだ?」「『私は今後、息子が刑務所から戻ってくるまで、一切仕事辞めます』って言うかなとも思った」「(その発言は)ほとんど期待できないけど、そこまで思いつめた会見だったら、意味がある」と厳しく指摘した。

続けて、諸澤氏は「被害者の方は(会見を)見てないと思いますけど、見たらものすごく不愉快」と被害者側の気持ちを代弁した。

「私たち一般の人が見ると、あれだけ彼女が頑張って、ある意味で好感が持てたり、共感したりしてしまう」「だけど、被害者やその周辺の人が見たら、非常に不愉快な記者会見」と強調した。

会見での質疑応答で語った内容を紹介する場面では、淳子が被害女性に「まず会って早く謝罪したい」と発言していたことを取り上げた。

コメントを求められた、諸澤氏は「被害者からすると絶対、会いたくない」「加害者側は一刻も早く行って謝罪したい」と両者の心境を推察したうえで、「ひとつの考え方として、(淳子は容疑者の)母親として、手紙をしたためるべきだと思う」と提案した。

諸澤氏によると、直筆で手紙を書き、弁護士や警察を介して届けることが必要だとし、被害者は手紙を見ることはないだろうが、いずれ読んでもらえる機会があり、伝わるものだと説明した。

そのうえで「被害者と向き合うという意味では、直筆の手紙を書いて、届けるってことをぜひやって欲しい」との見解を述べていた。

【引用元:トピックニュース】

■高畑淳子謝罪で「親の責任論」再注目 みのもんたと比較「誠実」か「筋違い」か

俳優の高畑裕太容疑者が逮捕され、母で女優の高畑淳子さんは2016年8月26日朝、記者会見で謝罪した。時折、目に涙を浮かべながら、報道陣の質問に丁寧に答えていた。

会見の模様は、民放テレビ各局の情報番組で生中継されたが、評価は分かれた。「親として誠実」「愛情深い素敵なお母さん」と理解を示す声が寄せられた一方、被害者の心情に配慮が足りないとの批判や、親が成人した息子の罪を謝罪せねばならないのか疑問を抱く人もいる。
「素晴らしい女優さん」「被害者が見たら不愉快な会見」

教育評論家の尾木直樹氏は8月26日、高畑さんの謝罪会見についてブログで、

「あんなに心からの 演出も何もない誠実な謝罪会見 見たことがありません…本当に素晴らしいお人柄 素晴らしい女優さんそして、愛情深い素敵なお母さんなんだなぁ…となかば感動すら覚えました…」

と「全面支持」の内容をつづった。

女優の真矢ミキさんも情報番組「白熱ライブ ビビッド」(TBS系)の生放送で、「母として、女優として、加害者の親として、誠実に向かわれているのが分かった」と高畑さんの説明を評価した。

だが、被害者の心情をおもんぱかるべきだとして物足りなさを指摘する人もいた。

26日の情報番組「ひるおび!」(TBS系)に出演した世界被害者学会理事の諸澤英道氏は、

「『息子が刑務所から戻ってくるまで一切仕事止めます』と思い詰めるほどだったら、会見を開く意味があった。息子に対するメッセージという意味はあったが、被害者や周辺の人が見たら非常に不愉快な記者会見だったと思う」

と残念がる。

同日の情報番組「バイキング」(フジテレビ系)では、ジャーナリストの江川紹子氏が「被害者の方からすると、こうやって大きく扱われたり、色んなイベントがあったりすること自体、実はつらいんじゃないかなって思います」と述べた。

ネットニュース編集者の中川淳一郎氏は、謝罪会見の開催自体を疑問視した。

「なんでこの人達が謝罪しなくちゃいけないのかと思うものがありますが、結局これって日本の中に蔓延する『謝罪をしなくてはいけない空気』ってものに従った結果なのですよ。本来、愚行を犯した者が謝罪をすればいいし、迷惑をかけた人間にだけ謝罪をすればいい」

と8月27日付ブログに記した。
成人の子の犯罪に親はどうすべき

8月26日放送の「news every」(日本テレビ系)に出演した中央大学法科大学院の野村修也教授は、「親の責任の重さを痛感するが、親にできることの限界もあると思う。成人が犯した罪なので、本人の罪と親の責任は切り分けて考える必要がある」と述べた。

「親の責任論」は、タレントのみのもんたさんの次男が2013年9月、窃盗未遂の疑いで逮捕された際にクローズアップされた。次男の逮捕から2日後、みのさんは自宅前での記者との質疑応答で、31歳の息子の責任を背負うべきだと言われるのは筋違いだと主張。その後もラジオ番組で「私は別に何をやったわけでもない」「あくまでこれは他人のこと」と発言した。

みのさんはその後、司会を務めていた情報番組を降板したが、ネット上では最初のみのさんの発言に対する批判が止まなかった。

高畑さんとみのさんを比較し、ツイッターには

「高畑淳子の会見にとやかく言う人いるけどみのもんたの会見に比べたら比較にならないくらい立派だと思うけど」
「みのもんたの時も思ったけど、なんで高畑淳子さんが謝ったり仕事失ったりするほど責められなければいけないんだろう」
「みのもんたの時はさんざん叩かれてたのに、高畑淳子の時は同情ムード笑 所詮雰囲気かな」

との書き込みが見られた。

評論家の宮崎哲弥氏は26日放送の「ひるおび」で、高畑淳子さんの「親の責任」について、

「過去にも大女優のご子息が薬物事件を起こしたり、大物司会者のご子息が窃盗事件を起こしたりした。それをふまえてどう考えるかになるが、この事件自体が今までになく重大で、凶悪な事件だということが前提にならなければならない」

と語った。

【引用元:J-CASTニュース】

■【高畑裕太容疑者逮捕】母親・高畑淳子さん会見の3つの〝違和感〟とは? 専門家分析「お芝居のセリフのよう」「涙を我慢するしぐさに冷静さがある」

23日に強姦致傷容疑で逮捕された俳優、高畑裕太容疑者(22)の母で女優、高畑淳子(61)が26日、東京都内で会見。

 強姦致傷容疑で逮捕された俳優、高畑裕太容疑者の母で女優、高畑淳子の謝罪会見をパフォーマンス学の権威で日大芸術学部の佐藤綾子教授(69)が分析。「逃げず、正々堂々と会見を開いたことは立派」とした上で「3つの違和感があった」と指摘した。

 佐藤教授は淳子の表情やしぐさ、言動から心理状態を「感情より理性型の会見だった」と分析。

 質問に応じる際に淳子が繰り返した「今、それをいってはいけない」「今、申し上げることではない」「申し訳ないが」などの「枕詞」が最初の違和感で、「落ち着いていないと口に出せない言葉。お芝居のセリフに聞こえた」と話した。

 2番目の違和感は入場時に涙をこらえた表情など“泣くしぐさ”。「息子が明らかに悪い。それを感じていれば涙は勝手にこぼれるはず。会見中にはなをすすったり、鼻をつまんだり、涙を我慢するしぐさに冷静さがうかがえる」と指摘。

 最後の違和感は報道陣が「(息子の)芸能界入りは不安だったか」と質問した際、「思っていました。ただ、そのときは、変わった要素が意外性を持つという、ありがたいお仕事だな、と安易に思っていた」と答えた文言。芸能界の特殊性を語るより、「『役者である前に社会人であれ』と言ってほしかった」と結んだ。

 自らを客観視、俯瞰することが習慣化している女優業を理解した上で、「会見は高畑さんの仕事への責任感、子供への愛を感じた。庶民的で演技派な方だけにこの3つを直せば、今後のプラスになります」と同じ60代の淳子にエールを送った。

【引用元:産経ニュース】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について