高畑裕太容疑者、業界内で広まっていた悪癖母は新居建築中/「僕は超肉食系です」高畑裕太が語っていた異常な性癖と母親依存

高畑裕太と高畑淳子

《親バカでありんす》という言葉と共に、膝をついて謝罪ポーズ──。

高畑淳子(61才)のブログでは、わが子の出演作をひとしきり宣伝した後、こんなふうに締めることが恒例になっていた。
さりとて、今回ばかりはおちゃめな謝罪で済みそうにはない。

8月23日、高畑の息子で俳優の高畑裕太容疑者(22才)が強姦致傷の疑いで逮捕された。

同日未明、ロケ先で滞在していた群馬県前橋市のビジネスホテルの客室で、40代の女性従業員の手足を押さえつけて強姦、指にけがを負わせたという。

「被害女性は、裕太容疑者の依頼で備品の歯ブラシを部屋に届けに行った際、いきなり手首を捕まれて部屋に引きずり込まれたそうです。

彼女の知人男性が110番通報し、県警が事情を聞いたところ容疑を認めたため、御用となった。当夜は相当飲んでいたといいます」(全国紙記者)

裕太容疑者は警察の取り調べに対し、「女性を見て、性欲を抑えられなかった」と答えているという。

NHK朝ドラ『まれ』の主人公の幼なじみ役でブレークし、現在放送中の連ドラ『仰げば尊し』(TBS系)をはじめ、バラエティーや舞台など引っ張りだこ。

礼儀正しくさわやかで、母想いの注目若手俳優――そんなイメージは、今回の逮捕劇で霧散した。

高畑は2人目の夫との間に長女のこと美(29才)と裕太容疑者を生んだ後、離婚。女手一つで2人の子供を育ててきた。

「特に裕太さんは手がかかったそうです。3才からアトピーと闘い、中学時代は淳子さんが“魔の反抗期”と話すくらい、毎日怒鳴り合いのけんかをしていたそうですから。高校に上がり野球に熱中するようになると、だいぶ落ち着いたようですけどね」(高畑家を知る芸能関係者)

卒業後、短大に進学した裕太容疑者はバンド活動を開始、俳優業にも興味を示し始めた。

「高畑さんは全ての撮影現場に裕太さんを連れて行き、挨拶して回っていました。“音楽活動もしているのでぜひ見てやってください”と売り込みまくりで、スタッフも苦笑いでしたね。

裕太さんがオーディションを受けるたびに、自分の息子がどれだけすばらしいかを周囲に猛アピールしてきたそうです」(前出・芸能関係者)

冒頭のように、高畑のブログには、息子の出演番組の宣伝・感想がたびたび綴られてきた。

《息子、高畑裕太は本日21時~『あの日みた花の名前を僕達はまだ知らない』に出演いたします。入魂の作品であります》

《我が息子、高畑裕太の芝居に胸打たれます…》

だが、高畑の宣伝活動をよそに、裕太容疑者の“悪癖”は業界内でじわりと広がっていた。

「酒癖の悪さです。もう最悪。バンド活動時代から、飲んで暴れることも、酔いつぶれて路上に寝ることも日常茶飯事。

テレビのディレクターと一緒に女の子のいる店に行った時も、酒が入るやいきなり脱ぎ始めて女の子に抱きついたり…。

自分でも“おれ、酒癖悪いんですよ、ははは”とか言ってましたけど、周りの人間からすると笑いごとじゃねーよって感じで。

最近、事務所の方からも禁酒令が出ていたそうです。連ドラ出演中に、下手なことされたら困るってことで」(別の芸能関係者)

その懸念通りの最悪の結末。
収録済み番組の出演部分はカットされる方向で、番組パーソナリティーを務める予定だった8月27日放送の『24時間テレビ』(日本テレビ系)の公式HPからも、裕太容疑者の名前が消えた。

逮捕の一報を受け、高畑の自宅にはメディアが殺到したが、“家”を巡っても彼女の苦悩は深い。

「高畑さん、今、都内の一等地に新居を建築中なんです。“子供たちと一緒に暮らせるように”って、内装にもすごくこだわっていて。引っ越しを楽しみにしていたんですが、まさかその直前に息子が逮捕されるとは…」(前出・芸能関係者)

裕太容疑者は過去、インタビューでこんな話をしていた。

《僕は神様とか運命とか信じるほうで、ある意味、自分の運を信じている》。

一家を絶望させる愚行には、神も運も見放すほかない。

※女性セブン2016年9月8日号

【引用元:NEWSポストセブン】

■「僕は超肉食系です」高畑裕太が語っていた異常な性癖と母親依存

強姦致傷容疑で2016年8月23日に逮捕された俳優の高畑裕太容疑者(22)が自ら「僕は超肉食系です」と称し、「性欲を何とかしないと」などと語っていたことが分かった。

テレビ番組では共演した女性をすぐに好きになる、などと告白し、共演した女性モデルの腰をつかみまくるシーンもあり、「やばいよその癖、治したほうがいい」などとたしなめられるなど、その異常ぶりが指摘されていた。

16年2月4日に放送されたTBS系バラエティー番組「櫻井有吉アブナイ夜会」に出演した高畑容疑者は、異性と添い寝をするだけの「ソフレ」というプレーがあると聞かされると、添い寝だけで終わるのは自分には無理な話だとし、「僕は超肉食系です」などと告白した。

共演した女性をすぐに好きになるとし、橋本マナミさんを例に挙げ、「あれはいい女だった」。

モデルの藤田ニコルさん、紗蘭さんと3人で原宿に出かけプリクラの撮影時は紗蘭さんの腰を掴みまくり嫌がられていた。

その後スタジオで、紗蘭さんへの行為はひょっとして共演者を好きになる癖が出たのか、と質問されると「その、ひょっとして」、などと笑った。

ニコルさんはそんな高畑容疑者に対し嫌そうな顔をしながら、「やばいよその癖、治したほうがいい」などとたしなめる場面もあった。

高畑容疑者はとにかく性欲が強く抑えられなくなるらしい。

ネット上では過去のツイ―トが見つかったとして16年8月24日現在、それがホットワードになっている。

13年3月24日のもので、そのつぶやきは、

「やるせない性欲に駆られてる。あぁ~~~~~~~………。」

というものだ(ツイッターは現在鍵が掛けられ、特定の人しか見ることができなくなっている)。

日本テレビ系「解決!ナイナイアンサー」(16年1月26日放送)に出演した際には、気になる女優を食事に誘う方法と、どうやって口説けばいいのかなどを相談していた。

司会のお笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さんが、

「まず、(高畑容疑者は)性欲が強いでしょ?」

と突っ込むと、高畑容疑者は、

「そうなんですよ、性欲をなんとかしないと…」

などと返していた。

母親の高畑淳子さんと暮らす実家ではどんな生活をしているのかといえば、部屋はアダルトDVDとエロ本だらけなのだという。

15年11月23日放送の日本テレビ系トーク番組「しゃべくり007」では、淳子さんのメッセージが紹介され、学生の頃からベッドの下にエロ本が敷きつめられていて、部屋にはエロ本やアダルトビデオが散らばっている、という内容だった。

裕太容疑者はそれを認め、自分の部屋にテレビがないからアダルトビデオは母親が寝静まった後でリビングで見る、と説明した。

しかし、その場に母親が起きて来て見つかることもあると話した。
ダンスも好きで、アダルトビデオを見終った後に激しいダンスをするというパフォーマンスを披露したところ、「この人、頭おかしい」という声が収録スタジオに響いた。

16年3月16日放送の「ウチくる!?」(フジテレビ系)では、所属事務所のパーティーで挨拶をさせられたときに、女性の先輩が送った声援に「うるせえ!」といきなり切れたことが紹介され、「危なっかしいよね」「少し変」などと共演者に引かれていた。

今回の事件は芸能界生命を絶たれてもおかしくないほど深刻で、22歳という若さで今後はどのような人生を送ることになるのだろうか。

「ウチくる!?」では、まるで事件を予測していたかのような終わり方をしている。
淳子さんが裕太容疑者に対し、こんな手紙を送った。

「あんたが何か不祥事を起こしたら、アタシの大事な仕事を失うの。アタシの仕事を取らないで。アタシ、あんた達を食わせてやってるの!」

これに対し、裕太容疑者はこう応えた。

「ここまで育ててくれてありがとう。これからもどうか、養ってください」

【引用元:J-CASTニュース】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について