“18歳代表”藤田ニコルがフジ選挙特番出演「同世代視聴のきっかけに」

藤田ニコル

モデルでタレントの藤田ニコル(18)が7月10日に放送されるフジテレビ系選挙特番『みんなの選挙』(後7:58~深1:55)に、新たに選挙権を得た“18歳・19歳”代表としてスタジオ出演することがわかった。

“おバカキャラ”のイメージが強い藤田だが、なんと与野党の政治家も直撃。

「選挙の番組っていっつもつまんない! だから、にこるんが出ることで、少しでも同世代の子が選挙に興味をもって見てくれたらうれしいです」と語る藤田が、等身大の目線から選挙や政治にどう斬り込んでいくのかに注目だ。

同日開票される参議院選挙は自公連立政権vs野党共闘の図式。

午後8時からの各党議席予測から始まる怒とうの開票速報では、新開発の開票画面で、勝者と敗者の表情まで明るみに。

スタジオには各世代の一般有権者が集まり、ネット配信ニュースチャンネル『ホウドウキョク』と連動して、今の日本が陥っているジレンマを議論する。

スタジオでは宮根誠司、伊藤利尋アナウンサー、生野陽子アナウンサー、椿原慶子アナウンサーらが出演。

伊藤アナウンサーは政治大好きタレント・春香クリスティーンと、選挙のカギを握る政党の裏側に迫り、与野党幹部を生直撃することで選挙と政治の真相を“まる暴き”。

また、お笑い芸人の厚切りジェイソンことジェイソン・ダニエルソンは各地の選挙戦を取材し、日本の“WHY”に向き合っていく。

深夜0時からは『ホウドウキョク』での議論にも参加した安藤優子がMCとして、ゲストに招いた各党の政治家と、今回の選挙結果を踏まえて見える日本の未来について語りつくす。

選挙に密着し取材にも向かう宮根は「時に真剣に、時に楽しく、安倍総理はじめ、各党党首に怒られる覚悟で、ぶっちゃけトークで挑みます」とやる気十分。

“選挙ウォッチング”が趣味の春香は「全国まわれる限り街頭演説を見に行きまくりたいと思います! そして、宮根さんに負けないくらいどんどんつっこんで行きますよ!」と前のめりに意気込んでいる。

【引用元:ORICON STYLE】

■藤田ニコル、選挙特番“改革”誓う!舛添氏に「顔がもうムカつく」

おバカキャラで人気のモデル、藤田ニコル(18)が、7月10日に投開票される参院選のフジテレビ系選挙特番「みんなの選挙2016」(後7・58)にゲスト出演することが23日、分かった。

今回から選挙権を持つ18歳の代表として登場。
同局は「どんなときも本音で話せる方なので、18歳の感じる素朴な疑問をぶつけてくれることを期待している」と説明。

サンケイスポーツの取材に応じたニコルは「今までの選挙特番は大人が堅い話をしていて、すっごいつまらないイメージ」とぶった切り、“改革”を誓った。

選挙に関心はなかったが、政治資金の公私混同問題などの責任を取り、東京都知事を辞職した舛添要一氏(67)には激怒したといい、「ニュースを見ていて、(舛添氏の)顔がもうムカついた。根が性格悪いんだよ。大人のずるさ、闇を持ってますね。自分が子供の立場だったら、絶対縁を切る」とバッサリ。

「うちらの未来を大人に決められても嫌」と投票に行くことを決めたが、「若い子って、やっぱり遊びに時間を割きたいから。

ツイッターの『いいね』とかで投票できないかな。YouTubeで演説見られるとか、携帯電話でできるようにならないと若い子たちは動かないと思う」と若者の意見を代弁した。

「大人はうちらに選挙を知ってとか言うけど、ウチラのことは知ろうとしないじゃん」とニコル。

当日の生放送でも、ぶっちゃけ発言を連発して、独自に選挙を斬る!

【引用元:サンケイスポーツ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について