19日「徹子の部屋」など、TV各社で追悼番組放送へ!!20日深夜には、ナイナイ岡村隆史がラジオで健さんからの感謝の気持ちを語る

高倉健

19日「徹子の部屋」など…TV各社で健さんの追悼番組放送へ

ふだんは寡黙でも、いざというときは頼りになる。
そんな日本人男性の理想像を公私ともに貫き通した俳優、高倉健さんが10日に亡くなった。

テレビ各局は18日、続々と追悼番組などの放送を決めた。
フジテレビは24日に「SMAP×SMAP」(月曜後10・0)で料理コーナー「ビストロSMAP」の総集編放送を予定していたが、健さんが出演した1997年9月15日放送分の映像を急きょ追加。

テレビ朝日は19日、「徹子の部屋」(月~金曜正午)に出演した80年1月3日と88年5月20日放送分の再編集版を放送。

テレビ東京は19日に主演映画「網走番外地北海篇」、20日に同「網走番外地南国の対決」を両日午後1時35分から放送する。

健さんは時折、手紙を書くことでも知られた。

「あなたへ」で共演した知人のナインティナイン、岡村隆史(44)が4年前に体調を崩して入院中、「頑張るのはいいが、頑張りすぎてつぶれるな。

収入が減っても、自分が本当にやりたい仕事をやることが大切だ」という内容の手紙を書いた。

岡村は自身がパーソナリティーを務める20日オンエアのニッポン放送「オールナイトニッポン」(木曜深夜1・0)で感謝の気持ちを伝えるという。

また、冗談も好きで、「鉄道員」(1999年公開)の完成後に会見した際、会心の出来映えに無口を返上。

「(共演の)板東英二が毎日改札を通る女子高生とデキちゃう『鉄道員2』も見てみたい」とジョークを飛ばし報道陣を笑わせた。

【引用元:SANSPO.COM】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について