BOφWY再結成に対する布袋寅泰の態度に業界から批判の声が!!

BOφWY

ギタリストの布袋寅泰が11日、新作アルバム『New Beginnings』(ユニバーサルミュージック)の試聴会を都内で行った。

集まった芸能記者のお目当ては新アルバムよりも、伝説のロックバンド「BOφWY」の再結成の有無だ。

今年7月、同バンドボーカルの氷室京介がステージ活動の引退を表明。

その翌日、布袋はブログで「せめて1曲でも隣でギターを弾かせてほしい」とつづり、その後も「無理矢理、隣で弾かせてくれとは言わないが、その思いは変わっていない」とアピールしていた。

この日、布袋は氷室の引退宣言について「すごいびっくりした。耳の調子が悪いみたいで心配だ。共に戦ってきた同志。氷室さんには氷室さんの考え方があるのだろう」とコメント。

来年行う氷室のラスト公演への出演を熱望し「できることであれば、直接お話ししたい」とも語った。

だが、「BOφWYを再結成したいか」の問いには「僕はなんとも……」と言い、5秒ほど沈黙。

「(BOφWYは)ファンのものでもあるが、(メンバー)4人のものでもある。あの頃に戻れるかといえば、難しいかもしれない」と歯切れが悪かった。

これに、古くから氷室と布袋の関係を知る音楽関係者は「そもそも布袋が『再結成』というワードを出した時に、『何言ってるんだ!』と思った」と話す。

BOφWYは1987年に解散。
その理由については「音楽性の違い」や「金銭トラブル」「メンバーの不仲」など諸説あるが、いまだ明らかになっていない。

「ひとつ言えることは、氷室と布袋は“冷戦状態”ということ。その原因は決して深いものではなく、女性絡みのトラブル(笑)。

氷室が当時付き合っていた女性を、布袋が“横取り”したんだよ。『そんなことで……』と思うかもしれないが、ビッグバンドに限って単純な原因だったりする。

あれ以降、氷室が布袋から距離を置いたのは間違いない。布袋もそのことはわかっているはずだ」(同)

それだけに、布袋が“BOφWY再結成”を言いだしたところで「可能性が限りなくゼロに近いことは、当時を知る人ならわかっている。

むしろ、タイミングよく新アルバムが発売されるし、どこか布袋にあざとさを感じてしまう」(別の音楽関係者)という。

2人が和解する日はやって来るのか――。

【引用元:日刊サイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について