KAT-TUN充電期間の目的は亀梨和也のソロデビュー計画説/元メンバーの赤西仁&田中聖の活動は意外と好調?

KAT-TUNの亀梨和也

新曲『TRAGEDY』がオリコン初登場1位を獲得し、デビューシングルからの連続首位記録は25作になったKAT‐TUN。

3月末には田口淳之介の脱退とジャニーズ事務所退所が決まっている。

そんな中、10周年記念ツアーの千秋楽公演で“充電期間”に入ると発表した。気になるのは新生KAT−TUNの3人。

ソロに専念するとして、今後は大丈夫なのだろうか。

「間違いなく安泰なのが、亀梨クンです。主演作品も多いし、放送中の『怪盗山猫』も好調。

スポーツキャスターとしても、知識量、取材姿勢ともに高評価ですよ」(芸能プロ関係者)

さらに驚くべき情報をキャッチした。

「実はグループが充電期間に入ったあと、亀梨クンだけソロデビューさせるという“極秘計画”が進行中らしいんです。

現実的に考えて、田口クンが脱退したあとの3人でのグループ存続はなかなか難しいし、今回の活動休止の本当の目的は、彼をひとりでデビューさせるためだという話です」(前出・芸能プロ関係者)

確かに’05年には、山下智久と組んだ『修二と彰』のシングル『青春アミーゴ』が160万枚を超える大ヒットを記録するなど、亀梨自体の人気も申し分ない。

「昨年末のカウントダウンコンサートでは、6年ぶりに山下クンと『青春アミーゴ』を披露しました。

さらに、昨年12月から放送されているジュエリーブランド『Bijoude』の新CMでも亀梨クンのソロ曲が起用されています。

彼のソロ曲がCMタイアップになるのは初めて。亀梨クンのソロデビュー計画を見越してのことだったのかもしれませんね」(前出・芸能プロ関係者)

それに比べ、やや心もとないのが残りのふたり。しかし、上田竜也は『炎の体育会TV』(TBS系)などで見せる身体を張った姿に着目する人も。

「数年前からボクシングを始め、毎日10キロのロードワークと週3回のジム通いを続けた本格派。

元ボクシングチャンピオンとのガチンコ対決では惜敗したものの“体育会系ジャニーズ”というイメージが浸透してきています」(テレビ局関係者)

中丸も『シューイチ』でのキャスターぶりで好感度が上昇中だ。

「毎週必ず、取材現場に足を運んで、視聴者に近い目線で流行やカルチャーを追い、自身も実際に体験しています。

ニュース番組やバラエティー番組などへの出演が増えていくのでは」(制作会社関係者)

そして、3大ドームツアーにも追い風が吹くという見方が。

「ふだんのKAT−TUNなら、ドーム規模のコンサートだと席を埋めるのはなかなか難しい。

しかし、グループが充電期間に入ると発表することで“しばらく、この3人がそろうことはない”と、今回のツアーに“レア感”を持たせています。

5月1日の千秋楽はチケット争奪戦になることも考えられますね」(前出・芸能プロ関係者)

■充電期間に入るKAT-TUN、元メンバーの活動は意外と好調

新曲『TRAGEDY』がオリコン初登場1位を獲得し、デビューシングルからの連続首位記録は25作になったKAT‐TUN。

しかし突然、10周年記念ツアーの千秋楽公演で“充電期間”に入ると発表した。

『Johnny’s web』の動画で亀梨和也は、こう説明した。

「5月1日のライブをもってグループとして1度、充電期間に入らせていただきたい」

3月末での脱退とジャニーズ事務所退所が決まっている田口淳之介は、4月3日のナゴヤドームから始まる初の3大ドームツアーには、不参加となる。

契約期間の問題もあるとはいえ、不自然に感じる人もいるだろう。

3月2日リリースの『UNLOCK』が活動休止前のラストシングル。

現在放送中の亀梨和也主演のドラマ『怪盗山猫』(日本テレビ系)の主題歌だ。

デビュー10周年を迎える3月22日にはベストアルバムも発売される。

そんな記念すべき節目にもかかわらず、こういう展開になったことには不安を覚えるファンも少なくないようだ。

KAT−TUNの歴史はメンバー脱退の歴史でもある。デビュー半年後には、赤西仁が米国への語学留学を理由に無期限の活動休止を発表。

翌年、復帰したものの、’10年に脱退して、’14年には事務所からも離れることとなった。

そして、’13年には田中聖が事務所のルールを何度も違反したとして契約解除となり、グループからも脱退。

さらに、昨年11月、田口が今春での脱退を表明したことで、6人でスタートしたKAT−TUNは10年で半分の3人になってしまった。

赤西や田中は今どうなっているのだろうか?

「赤西クンは、中国で高い人気を誇っています。中国版Twitter『微博』のフォロワーは約200万人。妻・黒木メイサさんとの娘は3歳になりました。

育児が落ち着いたのか、2月13日には親族や親しい友人を招待した結婚披露パーティーを開いていました」(スポーツ紙記者)

かたや、田中はロックバンド・INKT(インク)のボーカルとして活動中。

2月11日には、地元のライブハウス『柏PALOOZA』で凱旋公演を行ったばかりだ。

「対バンの相手は、カリスマバンドの『SEX MACHINEGUNS』。

春には『神聖かまってちゃん』らを迎えて、ツーマンライブツアーが予定されています」(前出・スポーツ紙記者)

【引用元:週刊女性】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について