misonoの「逃げ水引退」「芸能界に居続けたくない」のに仕事は受け続ける「矛盾」

misono

歌手のmisonoさん(30)が2015年7月2日のブログで改めて「引退」を撤回した。

現在携わっている仕事に加え、新しい仕事が水面下で動いているといい、「今年は、辞められなくなってしまった」のだという。

misonoさんは「30歳になる2014年に芸能界を引退する」と2013年にバラエティー番組内で発表した。

しかしその後、新しい仕事が決まったことや、CD販売のノルマ未達成などを理由に芸能活動を続行。
2015年3月にはブログで宣言を撤回した。

同3月には生配信動画で「謝罪会見」まで行ったが、ネット上の風当たりは強く、「引退詐欺」「閉店セール商法」との声が相次いだ。

お笑いタレントの有吉弘行さん(41)も「無性に腹が立つ」とラジオ番組内で批判した。

misonoさんのもとには、謝罪会見から4か月経った現在も引退騒動がらみの厳しい声が届いているようだ。

7月2日のブログでは、ツイッターユーザーが投稿していたという批判的な意見を自ら紹介。

その上で、「そりゃ世間の視聴者は、疑問&不満に思うよね…自分でも、そう感じるし(笑)」と理解を示した。

ただ、misonoさんは現在、音楽番組のMCやアニメの声優など複数の仕事に携わっている。

また、新たな仕事も動き出しており、もう1つ決まりそうな仕事もあるそうだ。

そうした状況から「今年は、辞められなくなってしまったので、引退できないんです…」と説明。

「お騒がせして、申し訳ありませんでした!」と改めて騒動を謝罪した。

だがネット上では、これにさっそく「辞める辞める詐欺」「本当にやめる気なら仕事入れないはず」「そんなに嫌なら仕事断って引退しろよ」といった反発が噴出している。

4月のブログでは「『芸能界に、い続けたい!と思ってる』訳ないっしょ(笑)イジメられてるのに、味方のいない学校に、行きたいと思う?!通い続けられる?!」などと「本心」を綴っていたmisonoさん。

しかし今回のブログからも分かるように、misonoさんは新しい仕事を断っているわけではない。

本人なりの曲折した思いがあるのだろうが、結果的に「今年は辞められなくなってしまった」という言葉が、来年も再来年も繰り返されることは十分あり得そうだ。

ただ一方では「次、プロポーズされた人と、別居婚して、”専業主婦”になって、子育てに専念しようかな?!」と結婚を機に引退する道もほのめかしており、突然の「重大発表」…なんてこともあるかもしれない。

【引用元:J-CASTニュース】

■misono専業主婦願望「子育て専念しようかな?!」年内の引退否定も

歌手でタレントのmisonoが今年中の“引退”を否定し、同時に専業主婦願望を明かした。

2日のブログで「今年は、辞められなくなってしまったので、引退できないんです…」と告白した。

「まだ芸能界にいたんだ?」「いつ辞めるの?」「どうせ引退しないんでしょ?」「辞めたくないなら、言わなきゃいいのに」「早く消えて」などというコメントやツイートがあったことを明かし「「そりゃ世間の視聴者は、疑問&不満に思うよね…自分でも、そう感じるし(笑)」と淡々と振り返った。

その上で次々と新しい仕事も入っており「引退できないんです」と理由を語った。

また結婚感についても赤裸々に告白。
「30歳になるまで、結婚願望がなかったから、プロポーズは全て、お断りしてきた…今までは“プロポーズされた時が=別れ話”となった」とこれまでの恋愛を振り返った。

さらに「自分の事で精一杯で“出来ちゃった婚&妊娠”も、したくなかった」とキッパリ。

「次、プロポーズされた人と、別居婚して、“専業主婦”になって、子育てに専念しようかな?!」「自分は、ベビーシッターに、預けたくない」と子育てにも言及。

「結婚に関しては、なげやりになってきてる(笑)」と言いながらも、結婚を機とした引退、専業主婦願望を明かしていた。

【引用元:デイリースポーツ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について