NGT48の中井りかはKis-My-Ft2藤ヶ谷太輔の熱狂的ファン…「ジャニーズと繋がれる」AKB48グループ内に巣食うジャニオタにファン激怒

中井りか

ここ最近、AKB48グループとジャニーズの双方のファンがナーバスになっている。2015年にAKBグループメンバーとジャニーズタレントの交際疑惑が次々と発覚し、ジャニーズとのつながりを疑う目が厳しくなっているのだ。

元「熱狂的ジャニオタ」からAKBグループに入ったメンバーに「つながり目的」疑惑で批判が殺到したり、さらには「出会いの場」の存在を突き止めたファンが現れるなどカオス状態になっている。

2016年1月下旬、新潟を拠点にする新グループとして設立されたNGT48の中井りか(18)が、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔(28)の熱狂的ファンだったことが話題になった。

NGT加入前に「藤ヶ谷りか」の名前でツイッターをしており、そこには「太輔くんしか見えてません」「たいすけくんがだーいすき」「私って太輔くん担の中で世界一可愛いよね」といった言葉とともに「太輔様」と書かれたウチワを持った写真も。
さらに藤ヶ谷とツーショットに見える合成プリクラまで掲載していた。

この一連の写真が流出すると、ジャニオタ(熱狂的ジャニーズファン)からは「藤ヶ谷に近付くな」と猛批判され、AKBファンからも「ジャニと繋がるためにNGTに入ったのか」と非難にさらされた。

「最近はジャニーズタレントと繋がりたいがためにAKBグループのオーディションを受ける女の子が増加しています。ただの追っかけをしているよりも、確実で手っ取り早いからです。

プロ意識が高いといわれるAKBのエース・渡辺麻友(21)ですら、Kis-My-Ft2の玉森裕太(25)の楽屋前で撮った写真が流出しましたから、他のメンバーのミーハーぶりは言わずもがなですね」(アイドルライター)

といっても、中井のように加入前のことなら目くじらを立てるほどではない。年ごろの女の子がジャニーズタレントに憧れるのはありふれた光景だ。

だが、それを見過ごせないほどジャニーズとAKBの「繋がり」が続々と発覚している。

2015年にAKB48の柏木由紀(24)とNEWSの手越祐也(28)の熱愛写真が『週刊文春』(文藝春秋)によってスクープされたのを皮切りに、AKB48・島崎遥香(21)がジャニーズJr.の安井謙太郎(24)のインスタグラムの裏アカウントに「子供欲しい」などとコメントしていたことが発覚。

島崎は公式アカウントで書き込んでいたために疑いようがない事実として大騒ぎになった。

同時期にHKT48の指原莉乃(23)とKis-My-Ft2・千賀健永(24)が「お揃いのスマホケースを使っている」と熱愛を疑われ、SKE48・佐藤すみれ(22)とジャニーズJr.の田中樹(20)がインスタグラム上で「北海道行きたい」「うん、行こう」などと親しげな会話をしていたこともわかった。

さらに、SKE48の木本花音(18)とジャニーズJr.の松田元太(16)とされる男女がカラオケ店でツーショットになっている写真が流出。真偽は不明ながら「どう見ても本人」といわれており、木本が男性ファンに松田そっくりのコーディネートを勧めていたとの報告もある。

また、NMB48の次世代エース候補といわれる吉田朱里(19)と元関西ジャニーズJr.の有本祐(23)の「クリスマス部屋着ツーショット」も発覚し、直接的な否定がなかったために「本物」と騒がれた。

もはやズブズブといってもいいほどだが、なぜここまでAKBとジャニーズが親密に繋がっているのか。この謎については『週刊女性』2015年9月15号(主婦と生活社)の匿名座談会で明かされている。

同誌によると、出会いの場になっているのはEテレで放送されている『Rの法則』。

出演者であるジャニーズJr.の岡本カウアン(19)や菅田琳寧(17)が窓口となって、AKBグループと合コン三昧になっているのだという。

実際、2015年にジャニーズとのスキャンダルが持ち上がった佐藤や木本は同番組の出演メンバーだ。

これだけでなくファンの執念によって新たな「出会いの場」が解明された。「毎日芸能人が来る美容室」を自称する有名ヘアサロンに、複数のAKBメンバーとジャニーズタレントが通っているのだ。

もちろん、それだけで「繋がっている」とは断言できないが、ファンたちは「ジャニーズ目当てで通っているメンバーがいるのでは」と疑いの目を向けている。

恋に恋するお年ごろとはいえ、AKB・ジャニーズともにアイドルとして恋愛はご法度。

しかし、AKBグループのジャニオタメンバーたちのミーハー心と出会いの場がある限り、今後もスキャンダルが頻発しそうだ。

【引用元:デイリーニュースオンライン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について