SMAP解散の決め手になったメリー喜多川“親バカ”の一撃! 発表のその時、娘の藤島ジュリー景子副社長は“海外逃亡”

メリー喜多川と藤島ジュリー景子
【メリー喜多川と藤島ジュリー景子】

SMAPを国民的人気グループに押し上げ、業界内外からも評価の高かったのがチーフマネジャーの飯島三智氏。

しかし、その手腕と実績に対してメリー喜多川副社長は週刊文春のインタビュー(15年1月)で次期社長は娘の藤島ジュリー景子氏であると明言。

その上で飯島氏がジュリー氏と事務所内で派閥を形成して対立するなら「SMAPを連れていっても今日から出て行ってもらう」「私に刃を突きつけているのと同じ」とまで面罵していた。

この時の非情な宣告が飯島氏のプライドをズタズタにし、今年1月の独立騒動に直結したのは疑いようがない。

クーデターは未遂に終わったことで飯島氏は事務所を去らざるを得なくなってしまったが、ここが解散劇の最大のポイントと見るのは芸能評論家の肥留間正明氏だ。

「私は飯島君が新入社員の頃から知ってますが、あの子がジャニーズの社長の座を狙うなんてありえない話です。

彼女は来年1月になればメンバー全員が40歳を越えるSMAPをいかにアイドルから脱皮させるかということに腐心していた。

そのためにはそれぞれの方向性をキチンと考え直すことが必要と言っていただけの話。

にもかかわらず、身内可愛さからメリーさんは見誤り、余人をもって替え難い飯島君を切ってしまった。香取君はそこに反発したのだと思います」

飯島氏ほど優秀な人物ならいっそ“暖簾分け”して衛星的にコントロールするという形の落としどころもあったはず。

しかし、例外は絶対に許さず、身内の論理が最優先されるのがジャニーズ帝国の鉄の掟だ。

「興行権などさまざまな権利関係を残した上での“円満独立”というのは芸能界では十分ありうる話なんです。

1月の騒動以来、私は多くの芸能プロの社長と話し合ってますが、みなさん“どうして円満独立の道を選ばなかったのか”とクビをひねっている。

メリーさんについて私は“芸能史上最強の女性マネジャー”と評価し、尊敬もしていますが、飯島君に対する過剰反応は失敗だったと思いますね」(前出の肥留間氏)

解散という最悪の事態を迎えてしまったSMAP。決定打はメリー副社長の放った親バカの一撃だったというべきだろう。

【引用元:日刊ゲンダイ】

ジャニーズ事務所の関係図
【ジャニーズ事務所の関係図】

■【SMAP解散】発表のその時、ジュリー氏は“海外逃亡”していた!

人気アイドルグループ「SMAP」が12月31日をもって解散することが14日未明、発表された。

今年1月の分裂騒動で、木村拓哉(43)の“裏切り”に、中居正広(43)ら4人の怒りが解けなかったとみられるが、そうしたなか“SMAP育ての親”I女史を追い出し、正式なジャニーズ事務所の後継者となった藤島ジュリー景子副社長(50)が“海外逃亡”していたことが判明。

騒動の渦中にいることを避けるためではともみられているが、「こんなことでは経営者失格」と厳しい声が上がっている――。

ジャニーズ事務所からの独立を企てた“SMAP育ての親”のI女史に、キムタクこと木村を除く4人のメンバーが追随しようとしてメリー喜多川副社長(89)が激怒。

結局、I女史だけがジャニーズを退社し、メリー氏の愛娘であるジュリー氏が、名実ともに“後継者”となった。

SMAPも、I女史からジュリー氏の管轄下になったが、結局は解散という結果に…。

「あの個性が強い5人をまとめられるのはI女史だけ。ジュリー氏ではムリだったということ」(芸能プロ関係者)

ただ、解散が発表された14日、ジュリー氏は日本にいなかったという。「夏休みなのか分からないけど、数日前に海外に行ったそうです。

ジャニーズは、事務所にとって都合の悪い発表をする時に、上層部が日本を離れることが結構あるけど、SMAPを置き去りにしての“海外逃亡”とみられても仕方ないでしょうね」(同)

ジュリー氏が海外に行ったのは、ある人の指示だと見られる。「どう考えてもメリーさんでしょう(笑い)。娘を騒動の渦中に居させたくないという母心でしょう。

でも正式にジャニーズの後継者となったのだから、大事な時に日本を離れるとは、経営者失格と言われても仕方がないのでは」(同)

現在、中居などスケジュールのハッキリしているメンバー以外の動向について様々な情報が錯綜しているが、「木村がハワイにいるのではという情報も流れている」とテレビ局関係者。

騒動当初、残留を表明した木村にもジュリー氏同様に、海外渡航情報が流れているとは何とも意味深だ。

またSMAPが契約を更新する日は、毎年9月9日に決まっていた。

これは「Can’t Stop!! ―LOVING―」でCDデビューしたのが1991年9月9日だったため。

「これまで契約を更新するかどうかでもめることなど、一度もなかったから、慣例みたいなもの。例年3か月前に、更新することを確認するだけだった」(レコード会社関係者)

ただ、解散は12月31日。
これは唯一、5人全員が揃って出演するバラエティー番組「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)のためだという。

今回、事務所としては最後までSMAPを存続させる方向で進めようとしていた。そのため「解散することを『スマスマ』サイドが伝えられたのは、ホントについ最近。しかもほんの一握りの上層部にしか知らされなかったそうです」(前出のレコード会社関係者)。

9月に解散するとしたら、10月以降の「スマスマ」の後継番組を立ち上げることは不可能だ。「『スマスマ』はSMAPの代表的な番組で、いくら何でも解散した後に放送し続けるわけにはいかない。

とはいえ10月から新番組を立ち上げるのはムリ、となれば、解散を年末まで延ばして『スマスマ』も年内で終了。1月から新番組を立ち上げることにしたようだ」(同関係者)

それでも突然の解散の決断には「実際、これ以上放送すること自体が難しい。でも9月の打ち切りはムリだから年末まで続けるが、10月から12月までどんな内容を放送するのか、全く見えていない」(フジ関係者)

隆盛を誇った人気番組だけに「せめて最後に、5人揃って何か一緒にやってほしい」という声も強いが、メンバー間の確執が強い中、実現するか不透明だ。

【引用元:東スポWeb】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について