SMAP解散の裏で元メンバー森且行“家庭崩壊”25周年“感動の再会”計画も水の泡に!?不倫別居報道否定せず「いろいろ問題がありまして」

SMAP解散の裏で元メンバー森且行

日夜「SMAP」「解散」の文字がテレビや新聞、ネットを飛び交う中、元SMAPでオートレーサーの森且行の家庭も“崩壊”していたと、23日発売の「女性自身」(光文社)が報じた。

森は1996年にSMAPおよびジャニーズ事務所から去り、芸能界からも引退。

2年後の98年には3歳年上の一般女性・亜紀さんと結婚して、長男を授かっていたはずだが、現在は別の子連れ美女と不倫同棲中だという。

記事によれば、森が妻子と暮らしていたという都心の“億ション”には、今は誰も住んでおらず、売りに出されているとのこと。

「同誌は、亜紀さんの母親との接触に成功しており、森と妻子が2~3年前から別居していると伝えています。

さらに、その原因は『森の女性関係』だとし、オート関係者からの『テレビ番組のリポーターと不倫しているという噂が流れたことがありました』との証言も掲載。

亜紀さんと現在高校生になる長男は今、アメリカで生活しており、一方で森は、埼玉県内のマンションで別の女性と暮らしているそうです。

ただ、まだ離婚したわけではないので、森が不倫している格好になりますね。

ちなみに森は、『自身』発売の前日に、SMAPファンからの突撃を恐れてか、インスタグラムのアカウントを削除しました」(芸能ライター)

SMAP解散騒動の中、元メンバーの森もスキャンダル報道に見舞われたこととなるが、CDデビュー25周年となる今年、「本当なら、ファンにとっては感動的な“再会”が予定されていました」(週刊誌記者)という。

「今となっては実現し難い話になってしまいましたが、もしメリー喜多川福社長が飯島三智元チーフマネジャーを事務所から追い出すようなことをしていなければ、25周年記念コンサートのステージに、森も登場する可能性がありました。

飯島氏は、森のレース日程を避けるかたちでスケジュールを調整しており、夢の共演でファンを喜ばせようと考えていたんです」(週刊誌記者)

その計画は、SMAPが総合司会を務めた2014年の『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)からスタートしていたという。

「同番組の終盤、SMAPが45分間のノンストップメドレーを披露した後、メンバーに宛てた森からの手紙が読まれました。

長い間、森がSMAPにいた事実さえも“なかったこと”にされていただけに、SMAP愛にあふれる森の手紙には、視聴者から感動の声が続出。

共演解禁の兆しに胸を熱くしたファンも多かったことでしょう。

この演出は、飯島さんが考えた再会のための布石だったとみられます」(同)

もしこの計画が実現していれば、感動的なシーンになること間違いなしだったはず。

仕掛け人となるはずだった飯島氏は、SMAPや森の現状をどんな思いで見ているのだろうか?

【引用元:サイゾーウーマン】

■元SMAP森且行 不倫別居報道否定せず「いろいろ問題がありまして」

23日発売の一部週刊誌で不倫別居が報じられた元SMAPのメンバーでオートレーサーの森且行(42)が23日、神奈川県小田原市の小田原競輪場で行われた記念競輪「北条早雲杯争奪戦」のイベントでトークショーに登場。

報道について「いろいろ問題がありまして」と否定しなかった。

23日発売の「女性自身」では、98年に結婚した3歳年上の夫人と高校生の長男(18)と別居し、別の女性と不倫同棲中で“家庭崩壊”と報じられた。

同誌には森が不倫相手とされる女性と手をつないでる写真が掲載されている。

また、夫人の母親も同誌の取材に応え、妻子がアメリカで暮らしていることを明かしている。

森は、この日2度目のトークショーの最後に記者から「ファンに一言」と要望されると、苦笑いを浮かべながら「いろいろ問題がありまして。負けずに頑張っていきたいと思います」と、妻子との別居&不倫を認めるような発言をした。

その後は、場内を移動中に、報道陣から「週刊誌の報道は事実ですか?」と問いかけられたが、一切何も答えず。
ファンからの「頑張って!」の声援には、しっかり応えていた。

この日は、森がイベントに登場するとあって、競輪ファンのほかにも多数の女性ファンが会場に詰めかけた。

渦中の森は、2度のトークショーに加え、サプライズで握手会も行うなど、ファンサービスに徹した。

96年まで所属していたSMAPが14日に年内での解散を発表したばかり。

さらに、自身のプライベートに関するスキャンダルも飛び出したとあって、この日は競輪関係の記者以外の取材はNGとなり、ステージ周辺は関係者が徹底ガードするなど、ピリピリムードとなった。

それでもステージ上での森は、いつも通り。SMAPに関しては何も言及せず、トーク中、虫が飛んできて「虫が大嫌いなんです」と一瞬ひるんだ以外は、最後まで笑顔でトークを行った。

24日には、同競輪場で記念競輪「北条早雲杯争奪戦」の決勝戦が行われる。

【引用元:デイリースポーツ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について