SPEEDのブルーレイ発売中止…事務所は今井絵理子「参院選出馬報道」との関係否定/自民が擁立? 島尻沖縄北方相と共闘させる狙いか

SPEEDの今井絵理子

2016年夏の参院選に人気音楽グループ「SPEED」のメンバー、今井絵理子さん(32)が「出馬」すると報じられるおよそ1週間前、同グループのライブパフォーマンスを収録したブルーレイディスクが突然発売中止となっていた。

出馬が事実であれば、所属事務所側とレコード会社側がこれに配慮したため、ともとれるが、事務所は取材に対し「一切関係ない」と主張する。

今回発売が中止されたのは「SPEED SONIC GROOVE LIVE Bluray BOX」。

エイベックス・ミュージック・クリエイティヴにレコード会社を移籍した2003年以後の「Save The Children SPEED LIVE 2003」「Welcome to SPEEDLAND SPEED LIVE 2009」「GLOWING SUNFLOWER SPEED LIVE 2010」の3ライブが一気に収録される豪華版で、ファン垂涎の品だった。

15年10月ごろから通販サイト「Amazon」などで予約を受け付けていたが、16年に入っても発売されず、16年1月27日、公式サイトで短く発売中止が発表された。

その理由は「制作上の都合」で、詳細は一切明かされていない。

それからおよそ1週間経った2月5日、今井さんの「出馬」が報じられた。

一報を伝えた産経新聞電子版によると、自民党は夏の参院選の比例代表候補で今井さんを擁立するという。

高い知名度やシングルマザーとして聴覚障害のある長男(11)を育てる経験を生かし、社会保障政策の充実を訴えるようだ。

同日付けデイリースポーツ電子版の報道では「そのような話は聞いておりません」と所属事務所が否定しているものの、各所に驚きの声が広がっている。

確かに、発売中止の発表と「出馬報道」は日時的に近い。

立候補を表明した芸能人は公職選挙法との兼ね合いやメディア側の自主規制で、一般的に選挙終了まで芸能活動ができなくなる。

「出馬報道」を予測していた事務所側とレコード会社側が協議の上、発売中止に踏み切った――「出馬」が事実とすれば、とりあえずの辻褄は合うストーリーだ。

真相はどうなのか。SPEEDが所属する「ライジングプロダクション」に問い合わせると、担当者は「(レコードを販売する)エイベックスさんのご都合ではないでしょうか」とのみ語り、詳しい理由を明かさなかった。

ただ、こちらが切り出す前に「(今井さんが出馬するという)今回の報道とは一切関係ありませんけどね」と釘を刺してきた。

また、エイベックス・ミュージック・クリエイティヴにも取材したが、「担当者が終日戻らない」とのことで話を聞けなかった。

結局真相は分からずじまいだが、「Bluray BOX」に収録予定だった3ライブのうち「Welcome to SPEEDLAND SPEED LIVE 2009」に関しては、「Welcome to SPEEDLAND SPEEDLIVE 2009@武道館」という形で、3月9日にブルーレイで発売されるようだ。
こちらは1月28日に公式サイトで発表されている。

■元SPEED今井絵理子氏を自民が擁立?島尻沖縄北方相と参院選で「共闘」させる狙いか

今夏の参院選比例代表の候補として、自民党が女性アイドルグループ「SPEED」元メンバーの今井絵理子氏(32)を擁立する方向だと新聞各紙が報じた。

今井氏は沖縄出身で、地元などでは様々な憶測が出ている。

SPEEDは、メンバー4人がまだ小中学生だった1996年にデビューし、「White Love」などの大ヒット曲を生んだ。

2000年に解散したが、その後も再結成を繰り返している。

今井絵理子氏は、07年にパンクバンド「175R」のSHOGOさん(35)と離婚後は、シングルマザーとして聴覚障害のある長男(11)を育てている。

福祉ボランティアにも熱心で、覚えた手話を生かした活動などもしている。

最初に報じた産経新聞の16年2月5日付記事によると、今井絵理子氏は、そうした経験を生かして、参院選では、社会保障政策の充実などを訴えるという。

改選時期を迎える沖縄選挙区の島尻安伊子沖縄北方相(50)と選挙戦で共闘し、浮動票の取り込みを目指すとしている。

島尻氏はこの日の会見で、報道で知っただけだとしながらも、「同じ女性議員としてうれしい」と述べた。

自民党の谷垣禎一幹事長は会見で「私は存じない」としたが、石破茂地方創生相は「非常にいいことだ」と期待感を示した。

自民党が知名度のある今井氏擁立に動いていることについて、ネット上では、ある憶測が飛び交っている。

米軍普天間基地の移設を巡って沖縄県の翁長雄志知事と対立し、地元では、移設反対の声も依然として多い。

島尻氏も苦戦の見通しが伝えられており、選挙戦では、今井氏を前面に立てて基地問題から目を逸らさせる思惑があるのではとの見方だ。

移設に反対するある沖縄県議も、J-CASTニュースの取材に対し、「自民党には、そのような思惑はあるでしょうね。

票集めにタレントを担ぎ出すというのは、よくある手法じゃないですか」と批判した。

ただ、今井絵理子氏については、本当に自民党から出るのかと疑問視する声もネット上で多い。

過去に、安保法案を戦争法案だと根拠なく揶揄しているような発言だと、ツイートが物議を醸したことがあるからだ。

終戦記念日の15年8月15日、今井氏は、「戦争は何があってもダメ」としたうえで、「今の日本の流れを拝見すると、どこかプチ戦争なら賛成!みたいに見えるのはわたしだけでしょうか?」と発言していた。

一部スポーツ紙も今井氏の所属事務所は出馬を否定と報じたが、どうなっているのか。

所属事務所ライジングプロダクションの広報担当者は、「参院選に出ないかどうかも分かりません。こちらでは、何も聞いていないです」とJ-CASTニュースの取材に答えた。

今井氏は安保法案に反対しているのか、基地移設についてはどう考えるのかを聞くと、「政治的立場は本人のことになりますので、事務所では見解を述べられません」とのことだった。

【引用元:J-CASTニュース】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について