Twitterが大炎上した中川翔子の精神が不安定状態!?シングルマザー肯定発言にファンも動揺!?小澤亮太との破局が原因とも!?

中川翔子

交際相手の隠し子発覚による破局騒動に、捨て猫をめぐるツイートにおける炎上騒動など、今年はなにかとお騒がせ続きの“しょこたん”こと中川翔子だが、またまた、衝撃の事態が勃発!?なんと、今度は「シングルマザー肯定」発言が飛び出すことになった。

問題の発言が飛び出したのは9月15日放送の『夏木スタイルOne of Love』(TOKYO MX)。

歌手やクリエイターなど、マルチに活躍中の夏木マリがMCを務めるトーク番組にゲストで登場したしょこたん。

日頃からリスペクトしてやまない存在を前に、冒頭から堰を切ったように己の思いを喋りまくるしょこたんだったが、やがてそれは、「ブログやインターネットや絵など、やることがありすぎる今の自分の生き方が正しいのか」といった悩みの吐露に。

さらに、「これじゃ子孫が残せないと。それが大きな悩みで。レベル29、もうアラサーになってしまいまして、オタクの趣味も大好きだった先祖代々の血もすべて受け継がせなきゃいけないという。

まだ生まれてない子孫たちのために小さなコスプレ衣装や読ませたい図鑑、マンガ、あらゆる書物を買い集めているんですが…(中略)ただ、子孫を残したいがために」と続けた。

それを受け、「いま、子孫を残したいムードなのね」と問う夏木に対して、「そうなんです」とキッパリ肯定するしょこたん。

「結婚はしたいんですけど、でもいま…」「結婚して子孫を残すと?シングルでは子孫残そうと思わないの?」「でも子孫が優先ではありますね」「じゃあ、そういう後者の場合もあるかもしれないって…」「もう、虫みたいに一人で産めればいいんですけど(笑)」と、冗談とも本気ともとれる発言も…。

“子孫優先”や“一人で産む”といった、しょこたんの口から語られたまさかのシングルマザー肯定についての言説。

これには視聴者はもちろん、ファンの多くも仰天したことだろう。

「子孫繁栄云々については、以前から彼女の口から語られていたことですが、あくまでそれは幸せな結婚ありきの話であって、子孫優先、シングルマザーといった言及は、かなりショッキングな内容といえるでしょう。

その背景としては、やはり、今年5月の唐突な破局劇が影響しているものと思われます。

初ロマンスの夢が一気に崩れ去り、大幅に狂ってしまったビジョンの果てに、彼女なりに到達した結論なのかもしれません」(芸能記者)

【↓は、中川翔子と交際していた俳優・小澤亮太の画像】
小澤亮太

むろん、シングルマザーが悪いという意味は微塵もない。

ただ、これまでの彼女の口から度々語られた「理想の旦那さん像」を改めて見てみると、「猫好きな人」「年齢不問」「尊敬できる人」「山田五郎のように知識が豊富」「貧乏大歓迎」「絶対に浮気をしない人」「仕事は問わない」「亭主関白で束縛する人」「ゲームが好きな人」などなど、かなり細かく具体的に(?)語られており、さらに男の浮気については「一対一でゴハンを食べに行った時点でダメ」、ケータイについては「相手が寝ている隙に見る(笑)」といった具合に、彼女なりの夫婦像や結婚への明確な考えが伝わってくる。

特にこれらの言及については、初ロマンスが発覚した時期にもなされており、それだけ彼女の中で相手への想いが強く、同時に結婚への希望が大きかったということだろう。

「心配なのは、有言実行と悔いのない人生が信条の彼女なら実際やりかねないんじゃないかということ(笑)。

今回の番組の中では『時間がないので35歳までには…』と言って、『いまはそんな時代じゃないわよー』などと夏木にいさめられる場面がありましたが、いったん突き進むと決めたらとことん突っ走ってしまうのが彼女。

ファンの気持ちからすると、シングルマザーを選ぶのであれば、彼女の言う“虫のように一人で産んで”くれるのがベターだと思いますが」(前同)

とはいえ、今回の彼女の姿を見る限り、失恋の痛手はかなり薄れたようにも。

また、終始温かく聞き役に徹した夏木相手に、女として100%本音をぶつけて話していたようにも見受けられ、好印象(清々しさすらも?)を抱いた視聴者も多かったのではないか。

突然のシングルマザー肯定発言には心底仰天させられたが、その真の意味については、もうしばらく静観の必要がありそうだ。

【引用元:メンズサイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について